写真ギフト.jpでガラス製まな板を注文してみた!

DSC_2307

毎日どんどん増えゆく写真…。

モニターで楽しむのもいいですが、お気に入りの写真はカタチにして残したいですよね。そんなとき普通のプリントよりぐっとインパクトのある写真グッズを作ってみてはどうでしょう?

そんな訳で、文房具からキッチングッズまで豊富すぎるランナップで、他の写真グッズ作成サービスと一線を画している写真ギフト.jpさんにてオリジナルフォトグッズを注文してみましたー!




こういった写真グッズは面白そうだけど、シンプルな製品そのものを買うより割高だし、どの程度ディテールにこだわれるのか、印刷クオリティはどうなのか…いろいろ不安ですよね。

そこで、作成画面からちょこっとご紹介します。

01

web上のツールにて、Photoshopでデザインした画像データを読み込みます。予めデザインするグッズの比率を調べ、ぴったりサイズのデータを作っておきました!ちなみに今回のグッズは先月一緒に旅行した友達にプレゼント用で、まな板(大)です。

グッズの種類豊富なので迷ったのですが、まな板ならどーんと大きくプリントして、写真をキレイに魅せられるかなあと思いまして…。旅行の思い出を詰め込んだ渾身のデザインとなっております☆

ちなみに、「イメージ&テキストツール」というものがあるので、この画面でも簡単なデザインはできますよ。

サイズなど調整が終わったら、プレビューを表示できます。こんな感じ。

02
おお、まな板っぽくなっている…!この時点で完成品が忠実にイメージできるなんてちょっとビックリ。

そして十分な画像のクオリティとのこと。比率さえ気をつければデータを縮小はできるので、できるだけ画素数の多い写真を使いましょう♪

待つこと約2週間。海外から発送されるので少し時間がかかりましたが、梱包されてわが家に到着でーす!!

DSC_2305

 ドキドキわくわく…。さあ開けてみましょう!

DSC_2311

おおっ、ガラス製まな板!さすが(大)、大きい!

表面はツルツルではなく、滑り止めのギザギザがついているので、写真の細かい部分はディテールが少々潰れてしまうと思います。あまり無いと思いますが小さな人物の顔がたくさんある集合写真などは気をつけたほうがいいかも。風景写真なら問題ないでしょう!

ちなみに持ち上げるとずっしり大迫力でした。
一人暮らしのキッチンだと置く場所なさそうな感じですが、プレゼントしたその子は飾ってくれるとのことです☆

鍋つかみカーテンなど、こんなモノまで写真グッズに!?というほど、バラエティ豊かでスケールの大きい写真ギフト.jp。まだまだ試してみたいグッズがたくさんあるので、機会あるごとに注文してみたいと思います♪

 

Reported by ひらはらあい