キヤノンの今年予想!どんなカメラが登場する!?

EF lens

キヤノンファンの皆さんこんにちは。

今日は一眼レフトップシェアメーカーキヤノンのこれからについて考えてみたいと思います。



■Canonの2015年について


2015年のCanonは怒涛の勢いで、トップメーカーの力を見せつけた一年だったと思います。昨年2014年販売シェアをBCN AWARD 2015で見ると、

デジタルカメラ(一眼レフ)部門
1位:Canon:54.7%
2位:Nikon:39.1%
3位:RICOH:4.5%

と、なっており、2013年シェアからCanonは5.5%アップしています。

一眼レフメーカー全ラインアップと当初月産台数
メーカー Nikon 当初月産 Canon 当初月産 PENTAX 当初月産
APS-C 入門機 EOS Kiss X70 160,000台
APS-C 入門機 D3300 120,000台 EOS Kiss X7 200,000台 K-S1 20,000台
APS-C 入門機 D5300 100,000台 EOS Kiss X7i 110,000台
APS-C 入門機 D5500 90,000台 EOS Kiss X8i 100,000台 K-S2 15,000台
APS-C 中級機 EOS 8000D 30,000台
APS-C 中級機 D7200 40,000台 EOS 70D 140,000台
APS-C 上級機 EOS 7D Mark II 45,000台 K-3 II 10,000台
フルサイズ 入門機 D610 60,000台 EOS 6D 70,000台
フルサイズ 中級機 D750 40,000台
フルサイズ 上級機 EOS 5D Mark III 60,000台
フルサイズ 上級機 D810 20,000台 EOS 5Ds 15,000台
フルサイズ 上級機 EOS 5Ds R 15,000台
フルサイズ 天体用 D810A 300台
フルサイズ クラシック Df 12,000台
フラグシップ機 D4S 3,000台 EOS-1D X 7,000台 645Z 400台
機種合計 10機種 485,300台 12機種 837,000台 3機種 45,000台

ラインアップ上は全メーカー最多の12機種と、旧機種の併売もあるとは言え、さすがのトップメーカーと言わざるを得ません。

逆にライバルであるNikonと比較して弱みと言えるのは、かつてはCanonにもラインアップされていた天体用モデルが無くなっていること、EOS 6DEOS 5D Mark IIIとの価格差が開き過ぎており、D750のようなフルサイズ中級機がないこと、Dfのようなクラシックなモデルがラインアップされていないことなどがあります。

このうち、天体撮影用カメラに関してはD810Aも月産台数300台というニッチな商品であるため、Canonとしては単に重視していないという事なのかも知れません。

D750については良く売れており、Canonも対抗機を出しても良いように思いますが、EOS 5D Mark IIIEOS 6Dも売れているため急ぐ必要は無いのかも知れません。

Dfに関しては、CanonはFL→FD→EFとマウントの転換を行っているため、付けられるオールドレンズが純正に無く、EFマウントで外装だけをクラシックにしても、使われるのはコシナツァイスという事になってしまっては、商業的なメリットも薄いように思います。

 

■EOS-1D X Mark II(EOS-1D X後継機)について


EOS-1D X

Canonは以前のEOS-1D Mark IVからEOS-1D Xに変わった際、フルサイズ化という大きなステップアップを行っており、D3によって大幅に削られたフラグシップのシェアをかなり取り戻した状況です。

しかしながら時期フラグシップとなるEOS-1D X Mark IIでは、「フルサイズで当然」という見方をされるため、インパクトを出す事が前回よりも難しくなっています。

EOS 5DsEOS 5Ds Rの登場で、以前の1Ds系が完全に終わりを告げた事もあり、EOS-1D X後継機に期待されるのは連写・AF・高感度耐性とよりシンプルになったように思います。

しかしそれだけにすでに高い完成度を誇るEOS-1D Xにとって難易度が高い挑戦でもあるでしょう。正常進化を期待されつつ、期待以上の正常進化を見せる事が出来るのかが注目される部分でしょう。

 

■EOS Kiss X8(EOS Kiss X7後継機)について


EOS Kiss X7

EOS Kiss X7i後継機のEOS Kiss X8iは発売されていますが、現在世界でも最も売れている一眼レフ、EOS Kiss X7の後継機であるEOS Kiss X8はまだ発表されていません。

EOS Kiss X7最大のコンセプトはその携帯性であるため、EOS Kiss X8は同じ携帯性で機能向上、もしくはEOS Kiss X7以上の小型を勧めてくるものと思われます。

 

■EOS 5D Mark IV(EOS 5D Mark III後継機)について


EOS 5D Mark III

EOS 5Ds/EOS 5Ds Rが今年発売されたばかりなので意外と先になるのかも知れませんが、発売から年数が経っており、年末から来年春までには登場するのではないかと思っています。

EOS 5Ds/EOS 5Ds Rがあるため、D810やその後継機に対抗する必要はなくなっており、大幅な高画素化は必要無く、また大幅な高画素化をしてしまってはEOS 5Ds/EOS 5Ds Rのシェアを食ってしまう恐れがあるために、大きな高画素化は避けてくるでしょう。

となれば進化させてくるのは現行機ではEOS-1D Xしかないフルサイズの高速連写モデルはないかと予想されます。

EOS-1D Xは現状でもAF追随12コマ/秒、後継機であるEOS-1D X Mark IIではAF追随13〜14コマ/秒を実現してくるでしょうから、仮にEOS 5D Mark IVが8〜10コマ/秒まで伸びてもEOS-1D X Mark IIの販売の足を引っ張るような事はないでしょうし、EOS 7D Mark III(APS-C)、EOS 5D Mark IV(フルサイズ)、EOS-1D X Mark II(フラグシップ)と、各カテゴリーに高速連写機をラインアップする事ができます。

Canonは昔からAF速度と秒間コマ数だけは他社に絶対に負けられないという考えのメーカーですから、この辺は実現してくると思われます。

 

■EOS 6D Mark II(EOS 6D後継機)について


EOS 6D

EOS 6Dも発売からある程度の年数が経っており、年末〜来年に更新が予想される機種です。

Canonとしては2015年に発売したモデルと各クラスの製品サイクルを考えると、2015年末〜2016年中に発売が予想される機種としては、

以上の5機種ではないかと思われます。

エントリークラスについて

エントリークラスのEOS Kiss X70EOS Kiss X7EOS Kiss X7iEOS Kiss X8iという4機種ラインアップというのは他社では考えられないほど贅沢な構成で、更にKiss X8が加わった状態で例年通り旧機種の併売が続くでしょうから、かなりの厚みですね。

プロ機とエントリー機を厚くするというのはカメラ業界のことを分かっているCanonらしい戦略で、非常に有効な販売戦略だと思います。

 

■レンズについて


レンズに関しては2015年Canonが発売したEFレンズは3本とライバルNikonの8本に対して大きく負けています。

しかしその三本は、

EF35mm F1.4L II USM(新開発BRレンズの採用)
EF50mm F1.8 STM(最も売れる単焦点レンズ)
EF11-24mm F4L USM(初の11mmからの超広角)

と、インパクトの大きいレンズが多かったように思います。

AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR(手頃な価格の超望遠ズーム)
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR(手振れ補正付き大口径標準ズーム)
AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR(超小型大口径望遠レンズ)

昨年Nikonから発売されたレンズの中で、この辺はCanonには無いレンズで、Canonでも同じようなレンズを出して欲しいというユーザーも多い事でしょう。実際に非常に売れているようで在庫の無い店では三本とも既にメーカー納期未定との事。

また、Canonは広角〜標準単焦点が現状設計が古い物が多く、順次リニューアルして欲しいところです。

 

■Canonの2016年予想


2015年Canonは話題性のある機種を続々出したこともあり、全体的に非常に好調で、上半期の販売台数を見ると今年も年間シェアNo.1は確実となっています。

2016年はCanonはEOS Kiss X8、EOS 80DEOS 6D Mark IIEOS 5D Mark IVEOS-1D X Mark IIと大物が控えており、対するライバルのNikon側もD5D850、D620、D3500、それに加えて何かしらの隠し球が予想されます。

来年も2強の戦いから目が離せませんね!

 

画像:Canon

Reported by 山﨑将方