「高尾山」山頂アタック☆AmazingGraph登山隊は生きて帰れるのか!?

ぐぐっとひらりんです。スポーツの秋…みなさん爽やかな汗を流していますか?

DSC_0060

今回は運動不足解消も兼ね(特にブリリアント氏の)、Amazing Graphの二人で山歩きを計画。有名なパワースポットであり世界一の登山者数を誇る、「高尾山」に行ってまいりました!

一番やさしい1号路で途中までケーブルカーを使ったにもかかわらず、本気で息の切れているブリリアント先生(自称・伝説のクライマー)。さてさて、無事に登頂することはできたのでしょうか!?

ブリリアント「命がけの登山となりますが、今回6度目のアタックということで山頂を極めたいという意気込みです。登山隊一同決死の覚悟で挑みたいと思います」

たくさんの写真&グルメ情報でお送りしますので、お楽しみに☆



■駅がリニューアルされた!


DSC_0002

まず高尾山口駅に降りてビックリ。ひらりんは去年の夏に高尾山に登っていたのですが、その時とまるで変わった駅舎です。
今年4月にリニューアルされたとのことで、くつろげる和の雰囲気に!

DSC_0008

木だ…。オシャレな間接照明が灯り、モダンな旅館のようです。
日本の有名建築家の手になるそうで、「わくわくする雰囲気」を大事にしたとのこと。確かにこの時点でだいぶ気分が盛り上がってきます!

DSC_0020

駅舎は振り返ってもこんな感じ。
今年秋には駅前に日帰り温泉もオープンするそうで、ますます盛り上がりそうですね!
紅葉のシーズンは混雑するだろうな~。

 

■空気がきれい!


DSC_0013

改札を出ると空気のキレイなこと…。空も青いです。

DSC_0016

清流のせせらぎか!

DSC_0017

ブリリアント「飲めそう」
確かに澄み切っていて美味しそうです。ワサビとか生えてそう…。

 

■いざ、1号路へ!


DSC_0024

1号路を歩き出すと、すぐ目の前にイタリアンレストランがあるんですよね。しかも美味しそう。すごく印象的なので覚えていました。

たらたら歩いているとあっという間にケーブルカー乗り場の広場へ到着です。すぐそこにあったお蕎麦やさんに入って腹ごしらえすることにしました!

お蕎麦やさん

DSC_0029

わたしは山菜そばにしました~。香ばしい煎りゴマが特徴で、しゃきしゃきした歯応えのある山菜と相まってとても美味しかったです。

DSC_0030

先生はとろろ蕎麦。料理の写真は撮らない人なのでカメラにはお構いましですぐ食べ始めます。この時はまだ元気そうな微笑みがあったのにね…。

ケーブルカーに乗りました

DSC_0038

ひらりんは、せっかく来たのにケーブルカーで1/3もショートカットしちゃうなんてもったいない~!と思ったのですが、ブリリアント先生の体力に一抹の不安があるため、ここは無理しないことにしました。

DSC_0035

快適な車内のボックス席に向い合って座ります。

DSC_0042

窓から見える看板を、ミニチュアモードで撮影してみました。
ケーブルカー、出発します!

DSC_0045

おー、トンネル!

DSC_0048

ゆる鉄!

DSC_0050

いい眺めー!窓から「日本一の急勾配」という看板がチラ見えしました。確かにすごい角度で登っていきます。

DSC_0051

来てよかった…この時は先生もそう思ったはず。

ケーブルカーを降りました

DSC_0062

降りるとさっそくいい眺めがまっております。

DSC_0060

ひらりんにとっては、去年の夏に来たので懐かしい景色です。

 

■名物、天狗焼き!


DSC_0065

実はひらりん、高尾山に来たかった一番の理由は、この「天狗焼」をもう一度食べたかったのです。ほっぺたが落ちちゃうほど美味しいですよ!そう力説するひらりんに、先生は半信半疑。

でも食べてみると…。
ブリリアント「今まで食べた◯◯焼きのなかでいちばんおいしい。外がサクサクであんこも甘すぎないし、モナカみたいに皮が口の中に張り付かないし…。中もいいけど、衣がすばらしい。とにかくめちゃくちゃ美味い!
と、大好評♪そうそう、あんこは北海道十勝産のあずきを使っているとのことで、ホクホクしてて格別なんですよ~。
高尾山にお越しの際にはぜったいに食べてみてくださいね!1個140円です。ケーブルカーを降りてすぐの広場で売っています。

DSC_0074

さー先生、行きますよー。
ブリリアント「はー綺麗だなー。満喫したからもう帰っても…」

高尾のたこ杉

DSC_0094

高尾山の有名スポット、「たこ杉」までやって来ました。相当大きな杉で、450歳だそう。
名前の由来は、根本がタコみたいに絡みついているから。言い伝えによると参道を切り開く際に邪魔になるからと切られそうになったところ、一夜にして根をぐにゃりと曲げたのだとか。

DSC_0102

「ひっぱりだこ」というタコもいました。開運!

DSC_0110

ブリちゃん…なんだかアイドルみたいなポーズです。

 

■峠の茶屋


DSC_0145

坂道をへーこらへーこら歩いていると、また広場に出ました。
ブリリアント「そろそろ頂上!?あと何分!?」

DSC_0155

ごま団子を売っているお茶屋さんです。

DSC_0147

「ムササビのムッちゃん」という、手作り感のすばらしいゆるキャラがいます。
そう、高尾山はムササビが見られることで有名なのですが、知らない人も多いらしく「なに?モモンガ?」という声が通行人からチラホラ。

この隣の顔出しフォトフレーム、気になりますよね。

DSC_0158

そこは期待を裏切らないブリちゃん、さっそくやってくれました!
でも顔の出し方間違ってるよー、ムササビの鼻に合わせないと…。

DSC_0161

足元まで見えるとマヌケですね。

DSC_0164

はい、次行きます!

 

■そして歩き出す


DSC_0165

意味はよくわからないのですが、柱の一部が回転するようになっています。

DSC_0167

浅草みたい。

DSC_0171

DSC_0172

動きがダイナミック。天狗ですね。

手水大好き

DSC_0175

手水(ちょうず)だ!冷たい水にキャッキャするブリリアント先生。

DSC_0178

いい顔してるなぁ…。

DSC_0182

天狗さまが見てますよ。

DSC_0186

願い事が叶う輪!

DSC_0185

くぐると願い事が叶うとのこと。さっそくくぐってみます。

DSC_0187

「開運」と書いてあるものは全部試してみる先生です。

DSC_0189

この棒で軽く輪っかを叩いて鳴らします。これが一連の儀式。
ブリリアント「左うちわで暮らせますように」

DSC_0196

ひらりんもやってみます☆

DSC_0198

Amazing Graphにお仕事がいっぱい来ますように!

銭洗いスポット

DSC_0192

金色だー。どうやらお金を洗ってみましょうとのこと。
鎌倉の銭洗弁天みたいなものでしょうか?
5円玉を洗ってポケットに入れました。

DSC_0220

ここでは、いろいろなお守りを扱っています。

DSC_0221

さっき洗った硬貨を入れるためのお守り袋!
お金溜まりそうですね。

 

■さあ、いざ山頂へ!


DSC_0223

さっきから山頂まであと30分やら20分やらと書いてあるのですが、お参りしながらなので全然進みません。先生はすでにバテバテですが、強行します!
ブリリアント「………」

DSC_0226

厄除け開運!
ブリリアント「いやなにこの階段。幻覚であって欲しい」

DSC_0233

いろいろな悪い気が振り落とされていく感じです!

DSC_0234

迫力あるなー。あちこちに天狗がいます。

DSC_0237

狛犬も。

DSC_0239

とにかく階段が多い!
ブリリアント「山なめてたら死ぬぞ!」

DSC_0240

グッタペルカな先生、大丈夫?
ブリリアント「いや本当に死んじゃう。ギブギブ」

DSC_0242

お地蔵さん。

DSC_0245

ぜったいあと少しなはず!と、励ましながら進みます…。
ブリリアント「なにが初心者コースだよ。アルピニストコースだろ!」

DSC_0260

逆光で輝くソフトクリームが素敵。

そしてついに…!山頂へ!

DSC_0262

キターッ!!
ブリリアント「辛かった。ここ数年で一番辛かったかも知れない」

DSC_0265

599m登った!(1/3はケーブルカーで)
ブリリアント「ジーザスッ!!」

DSC_0267

本気で「やっとたどり着いた」感が半端ない様子です。
ここで先生にインタビュー。初登山どうでしたか?今のお気持ちは?

ブリリアント「数々の登山者を拒んできた霊峰、高尾山…。ここに至るまでさまざまなことがありました。登山隊のメンバーであり、私の友人でもあるひらはら氏に、感謝と…そして哀悼の意を表します」

殺されてる!どっかで遭難して殺されてる!

DSC_0272

もう日が傾きかけていますね。

DSC_0276

雲は多いですが、いい眺め。気持ちいい山頂を満喫しました。

DSC_0292

これは先生が適当に撮ったスナップ。
ブリリアント「カメラを目の前まで持ち上げる気力がなかったのでローアングル」

DSC_0293

天狗なー。天狗焼ありがとう。美味しかったよ。

DSC_0294

お、お賽銭を?

DSC_0296

入れた!

DSC_0298

お祈りするブリちゃん。
「お金が降り積もりますように。私のもとに絶え間なくお金が降り積もりますように」

DSC_0300

自販機で「高尾山」の名前が入ったお茶が!

DSC_0302

1号路の脇にも、よく見ると花や植物を鑑賞できます。

DSC_0308

ケーブルカー乗り場の近く。ごつい三脚を持ったおじさんがいました。なるほど、日が暮れるのを待ってここから東京の夜景を撮るのですね!

ブリリアント「ケーブルカーで夕方あがって、夜景撮ってすぐ帰ったらいい。すごくいい。楽だし」

DSC_0321

そうそう、高尾山には今年50週年を迎えるビアガーデンもあるので、こんどぜひ行ってみたいと思います!

DSC_0325

帰りはリフトで帰ることにしました!ミニチュアモードで撮影。
予想外に楽しく、先生のテンションも上がります。

ブリリアント「このリフト最高。長いし楽しいし景色いいし何より楽だし!ピューって降りてく。ピューって!」

DSC_0401

ブリリアント「ひらはらさんちゃんと捕まって!危ない!パートカラーとかどんだけ余裕だよ!揺らさないで!足バタバタしないで!」

 

■そして人は、また歩き出す


いかがでしたか?思った以上にバラエティ豊かなスナップが撮れた1号路。高尾山の魅力の一端が伝われば幸いです。

ブリリアント「天狗焼、いまここにあったら食べるよ。なんなら2個食べる。なんであんなに美味しいんだろう」

ひらりんも、天狗焼を地上で購入できるように働きかけたい所存です。それでは、次回の撮影スポット探訪をお楽しみに!

 

Reported by ひらはらあい