冬のパワースポット巡り!鎌倉&江ノ島へ撮影旅行に行ってきました!<円覚寺編>

Pocket

情熱の赤いひらりんです。

DSC_0149

Amazing Graphでは年末慰安旅行ということで、鎌倉方面へ旅行に行ってきました♪

寒くて体もカチコチ、運気も停滞しそうな冬ですが、鎌倉や江ノ島の神聖な寺院を巡ってすがすがしい気分になり、イチョウやモミジに癒され、もちろんグルメも満喫し…とっても充実した旅になりました!

今回は「円覚寺編」をお届けします。



■まずは北鎌倉へ!


鎌倉といえばどこでしょう?色々行きたい場所はあったのですが、今回は欲張らず「円覚寺」と「鶴岡八幡宮」に絞って観に行くことにしました。

新宿から湘南新宿ラインで電車に揺られること約1時間。(山﨑先生はさっそく退屈してスマホで漫画を読んでいます。)まずは北鎌倉で下車しました。

DSC_0004

ひらはら「なんか空気がキレイ!」

ブリリアント「清涼な空気どすなぁ」

DSC_0008

さっきまで新宿の人混みを掻き分けてきたのに比べ、ここは人が少なくて道もガラガラに空いている!踏切前の広い空間が新鮮です。

ひらはら「ここ懐かしい~!前来たことある」

ずーっと昔、北鎌倉で下車したのを思い出しました!でもそのときはどの寺院を見たんだろう…。

 

■体に優しいランチ。薬膳スープをいただく!


さて、北鎌倉でのお目当ては駅チカの「円覚寺」!

でもその前に腹ごしらえです。踏切を渡らず、鎌倉方面へまっすぐの車道沿いをトコトコ約5分。「りせっとかふぇ」さんにお邪魔しました♪

ここは事前に食べログで見つけて行ってみたかったお店。
薬膳スープをメインとしたカフェで、心も体もリセットというコンセプト。精進料理の多い北鎌倉らしくていいなぁと思いました!

着席するとメニューの裏に、自分の体質に合った「薬膳すぅぷ」はどれか分かるチェックリストがあり、それに従ってメニューを選びました。

DSC_0022

私はほうれん草たっぷりの「ポパイスープ」です。体を温めてくれる効果があるそう。まろやかな優しい味でした♪

DSC_0021

山﨑先生は肉だんごなどが入った「パワーアップスープ」です。チェックリストは「だるい」「すぐ疲れる」などの項目を選んだらこれになりました。

ひらはら「ポテトおいしそう。ひらはら肉も食べたかったなー。」

違うものを頼むと目移りするひらはらでした。

静かなところにあるのに人気のお店のようで、平日にも関わらず賑わっており次々お客さんが入ってきます。

さて、軽めのランチを頂いて気力十分♪
たくさん歩くのでこれくらいが丁度いいですね。ではさっそく出発!

 

■いざ!円覚寺


駅の方向へ戻って、すぐ近くの円覚寺へ。

入り口の階段の下で恐らくプロのカメラマンが人物撮影をしていました!さすがフォトジェニック鎌倉…。通らせてもらい門をくぐります。

DSC_0023

門の中に見える景色が、額縁の絵のようです。

DSC_0027

じゃーん!参拝料は一人300円です。
外国人観光客の姿が見えましたが、至って静かな境内。なかなか広そうです。モミジがきれい!

DSC_0073

逆光を活かしつつ、日中シンクロしてみました。

DSC_0052

ひらはら「けっさく。モミジの前ボケに埋もれるブリリアント」

ブリリアント「変だよ」

DSC_0069

アイドルみたいなポーズ☆

円覚寺はとにかく広くて快適!どんどん奥まで歩いていきます。楽しいな~。

 

■お祈りを捧げながら


DSC_0079

小さな仏像やお地蔵さまが至るところにあり、お花がちゃんと生けられています。ほっこり。

DSC_0081

柑橘類!これも日中シンクロです。
みてみて、山﨑先生おいしそうですよ~。あれ?

DSC_0087

って、お祈りしてるし!

ブリリアント「え~どうかどうか、ロト7が当たりますように…」

DSC_0092

都内ではもう散ってしまった、イチョウが輝いています!

DSC_0105

あっちもこっちも綺麗で、目移りしながら階段を上ります。

DSC_0115

イチョウとモミジのコラボレーション。贅沢リッチな気分です。

ふう。階段を上り終わりました。…って!?

 

■とつぜんお茶を飲むブリリアント


DSC_0117

ブリリアント「ほうじ茶うまー。」

湯のみでお茶飲んでる!!どういうこと?

DSC_0124

「ほうじ茶 ご自由にどうぞ」

ポットにあつあつのお茶があり、左の箱には湯のみが入っておりました。一個一個違う湯のみなのがポイント。持ち寄った感があって心温まります。

ひらはら「おいしい・・・。すごく気が利いている。永遠に続けてほしいサービス」

 

■紅葉ラッシュ


DSC_0128

趣きのある景色を眺めながらのんびりしてください。心が浄化されます。

DSC_0147

たくさん歩いて階段も登ったのに、すがすがしい表情のブリリアント先生。お昼のパワースープのおかげ?それともほうじ茶のおかげでしょうか?

DSC_0149

今年、都内のモミジはイマイチだった気がしますが、この円覚寺で一番きれいなモミジが鑑賞できました。

DSC_0161

赤と黄色のハーモニーをご堪能ください。

 

■お地蔵さまなど


DSC_0165

和み地蔵にもお花。そして山﨑先生が乗っけたあざといモミジ。
和み地蔵は長谷寺が有名らしいのですが、円覚寺にもあるんですね!

DSC_0176

こうしたささやかな像がほっこりさせてくれます。

DSC_0177

少し戻って、まだまだ奥に続きます。広くて散策しがいのあるお寺です。

DSC_0179

緑の葉っぱ。

DSC_0180

南天の実がきれいでした。

 

■お墓もありました


DSC_0187

門再び!扉には凝った彫刻がしてあります。

DSC_0194

こじんまりしたお墓があります。

DSC_0195

「指定天然記念物 ビャクシン」

すごく大きな木!

DSC_0198

静かで清らかな雰囲気ただようお墓です。

 

■日本庭園もあります


DSC_0213

美しい日本庭園がありました。

DSC_0216

水鏡がきれい!

DSC_0226

モミジも燃えています。

DSC_0211

こうしてみると山の広がりを感じますね。素敵です。

 

■さらに奥へ…


DSC_0233

お賽銭まみれになっている、木彫りの像。
お金に縁があるのでしょうか?

DSC_0236

静謐な雰囲気です。

DSC_0237

「愛は人の心を豊かに育む」

この辺りが一般の参拝客が入れる一番奥のようです。
まだ行っていない小道もありましたが、円覚寺をたっぷり満喫できたのでそろそろ引き返します。

 

■ありがとう円覚寺


DSC_0243

どこもかしこも、大切にされている感じが伝わってきます。
本当に居心地のいい、歩いて気分のいいお寺でした。

DSC_0249

逆光のモミジを見ながらお別れ。ありがとう円覚寺!
またいつか再び訪れたいと思います。

「円覚寺編」はこれでおしまいです。次回、「鶴岡八幡宮編」をお楽しみに!

 

Reported by ひらはらあい



Pocket