背景紙を通すための横棒の名称はなに?

クロスバー

フォトマスター検定の予想問題です。合格目指してさっそく問題です!フォトマスター検定勉強法も掲載しています。参考にして頂ければと思います。

難易度:準1級レベル

問:上の画像にあるライトスタンドなどに取り付ける事でロール背景紙を通し、背景紙を垂らすために使用するこの横棒の名称はなにか?次の中から選べ。

① クロスバー
② トップアーム
③ オートポール

正解はこのあとすぐ!



■正解は①(クロスバー)


バーにも色々ある

もっとも一般的な呼び方は「クロスバー」かと思います。メーカーによっては「スライドアーム」とか「テレスコピックポール」という製品名で呼ばれています。どれも正解で良いでしょう。

ただし「トップアーム」は違う部品なので不正解です。ちなみに天井と床の間に2本立ててクロスバーを支える縦側のポール、こちらのことは一般的に「オートポール」と呼ばれます。

オートポール

ある程度の大きさのあるスタジオではこういった「オートポール」を2本立てて、横方向に「クロスバー」をクランプで止めるなどしてロール背景紙を垂らすわけです。

出張で背景紙をスタジオではない場所に設置したり、小型のスタジオでは「スタンド」と「クロスバー」を使って背景紙を垂らします。

スタンド&クロスバー

スタンド&クロスバー

もっと簡易的な方法では、背景紙を切って「スタジオ用クリップで適当な場所に留めてしまう」とか、ギリギリまで簡素化するなら「壁にパーマセルテープで背景紙を貼り付ける」という方法もありますが、あまり大きな背景紙や、人物のような背景紙の上で動くような被写体では背景紙が剥がれ落ちてしまうので適しません。

またパーマセルテープはものによっては壁紙を痛めてしまうため、直接背景紙を壁紙に貼り付けるのはリスクがあることを覚えておきましょう。

あと背景紙関連でよく見かけるのにあまり名前が知られていない部品に「エクスパン」というものもありますが、それはまた今度にしましょう。

 

画像:manfrotto

Reported by 山﨑将方