ズミクロン f2/28mm・エルマリート f2.8/28mm・ズミクロン f2/35mmがリニューアル!

SUMMICRON-M f2:28mm ASPH. ELMARIT-M f2.8:28mm ASPH. SUMMICRON-f2:35mm ASPH.

ライカのMマウント定番レンズ3本がリニューアルされたそうです。

この三本の特長と、価格、レンズ構成、最短撮影距離、絞り羽根枚数、フィルター径、大きさ、重さなどのスペックも合わせてご紹介したいと思います。



■リニューアルの内容


ライカMレンズの新モデル「ズミクロンM f2/28mm ASPH.」「エルマリートM f2.8/28mm ASPH.」が2月末、「ズミクロンM f2/35mm ASPH.」が3月に発売するとのこと。

3本のレンズ全てで光学設計を見直しデジタル時代に完全対応しました。レンズの外観やサイズは従来のモデルから大きな変化はなく、その高い携帯性は維持しており、加えてフィルター径まで従来モデルと同じというのはライカならではのこだわりと言えるでしょう。

付属フードは3本とも角形ねじ込み式メタルフードに変更されており、従来よりも強度が向上しています。またフロントにあるフード取り付け用のネジも化粧リングで隠れるようになっており、この辺もライカの美学を感じさせるポイントとなっています。

 

■SUMMICRON-M f2/28mm ASPH.


ズミクロンM f2:28mm ASPH.

前回のモデルの登場が2000年ですから、デジタルMライカが登場してからは初のリニューアルとなっています。光学系の見直しがされ、歪曲収差の低減と周辺画質の向上が図られています。

価格:50万7600円
レンズ構成:6群9枚
最短撮影距離:0.7m
絞り羽根枚数:10枚
フィルター径:46mm
最大径×全長:約53×41.4mm(フードなし)/約54mm×41.4mm(フードあり)
重量:約257g(フードなし)/約288.9g(フードあり)

 

■ELMARIT-M f2.8/28mm ASPH.


エルマリートM f2.8:28mm ASPH.

現行ライカMレンズで最もコンパクトな製品で、歪曲収差を低減し撮影距離を問わず歪みのない画像が得られる点が特長。

価格:27万円
レンズ構成:6群8枚
最短撮影距離:0.7m
絞り羽根枚数:10枚
フィルター径:39mm
最大径×全長:約49.4×30.7mm(フードなし)/約52×30.7mm(フードあり)
重量:約175g(フードなし)/約211g(フードあり)

 

■SUMMICRON-f2/35mm ASPH.


ズミクロンM f2:35mm ASPH.

ライカMマウントの看板レンズとも言えるズミクロン35mm最新モデル。

価格:37万8,000円(ブラック)/39万9,600円(シルバー)
レンズ構成:5群7枚
最短撮影距離:0.7m
絞り羽根枚数:11枚
フィルター径:39mm
最大径×全長:約53×35.7mm(フードなし)/約54.4×35.7mm(フードあり)
重量:約252g(フードなし)/約287g(フードあり)

 

■セレブリティレンズ


デザインや大きさを変えないのは旧型レンズを使用している人への配慮でもあるのでしょう。

しかし価格は相変わらずライカ価格ですね。まあライカは安くすれば売れるというブランドでもないのかも知れません。

 

画像:Leica,デジカメWatch

Reported by 山﨑将方