シグマがニコンF・キヤノンEFマウント一眼レフをCP+で発表か!?

ニュース!シグマニュース!ブリリアントです。

SIGMA SD1 Merrill
画像引用元:SIGMA(https://www.sigma-photo.co.jp/index.html)

シグマがCP+2016でニコンFマウントかキヤノンEFマウントの一眼レフを発表する可能性があるとのことです!ちょっと驚きかつ半信半疑ではありますが、SIGMA Rumorsからの情報です。



■SD1 Merrill後継機?


シグマはDP Quattroシリーズを発売していますが、一眼レフタイプのSD1は現在前シリーズのSD1 Merrillでとどまっており、後継が待たれています。

しかしながらDPシリーズと比較してSD1シリーズはシグマSAマウントという制約もあり、かなりのシグマフリークにのみ使用されているというのが現実です。

もしもSD1 Merrill後継機に、ニコンFマウント・キヤノンEFマウントが加われば、これまでニコン・キヤノンを使用していた膨大なユーザーもフォビオンセンサーを手持ちのレンズで使用できる為、シグマにとっては大きなチャンスとなるかも知れませんね。

シグマはここ数年純正高級レンズをも上回る性能のArtシリーズレンズによって大きく評価を上げており、セールスも好調です。

その中でSD1シリーズはやや放置されていた傾向にあるので、CP+2016では何かしらのビッグな隠し球がある可能性が高いでしょう。

それがまさかのニコンFマウント・キヤノンEFマウントフォビオンセンサーボディなら、話題性は高く、今年のCP+で大きな注目を集めそうです。

現段階ではまだ信憑性のほどもわからない噂ですが、シェアは低くても、「ユーザーの想像を超える発想」という点にかけて、シグマは世界一のカメラメーカーですから、何かしらの驚きを我々に与えてくれそうです。

 

参考文献:SIGMA Rumors
画像引用:SIGMA

Reported by 山崎將方