ニコンD5驚きの高感度画質比較レビュー!D4Sとの新旧フラッグシップ対決も!

ブリリアントウォーカーです。アメリカのドラマは面白すぎる。

Nikon D5高感度性能
画像:DCView(http://article.dcview.com/)

ニコンのフラッグシップ一眼レフであるD5と言えば常用感度ISO102400、拡張感度ISO3280000という途方もない高感度性能を実現しています。果たして実際のD5の高感度性能はどれほどなのか、DCViewD5とD750、及びD5とD4Sの高感度画質比較が掲載されていましたので、そちらをご紹介したいと思います。



■D5 ISO3200〜3280000まで


Nikon D5高感度性能
画像:DCView(http://article.dcview.com/)

D5での撮影画像を等倍で切り出した比較したものですが、ISO12800あたりから僅かずつディテールの損失が見られ、ISO819200からはカラーノイズが大幅に増大しているようです。常用ISO感度をうたうISO102400程度まではノイズもディテールの損失も良く抑えられているという印象です。

 

■D5 vs D750 ISO3200〜51200まで


Nikon D5高感度性能
画像:DCView(http://article.dcview.com/)

D750はフルサイズ機の中でも高感度耐性が高いモデルで、フルサイズ一眼レフの中でも上位に位置するモデルですが、そのD750と比較してもD5の高感度性能は驚くべきものがあります。

D750のISO12800と比較した場合、D5ではISO51200でもほぼ同等の画質を維持しており、1.5段〜2段近い高感度耐性を実現していると言えるでしょう。

 

■D5 vs D4S ISO51200〜819200まで


Nikon D5高感度性能
画像:DCView(http://article.dcview.com/)

これまでのニコン一眼レフシリーズのフラッグシップ機であったD4Sとの比較ですが、こちらもD5の高感度耐性は非常に高い性能を示しており、D5の方はISO204800程度まではディテールの損失はあるものの、カラーノイズやカラーバランスの変化はかなり抑えられている印象です。

ノイズ量、ディテールの維持という意味でもD5はD4Sと比較して1段強の高感度耐性の向上が見受けられると言っても良いでしょう。また今回画素数もD4Sより増えている点も見逃せません。

ただし、D5もISO819200以降は大幅にカラーバランスが崩れ、カラーノイズ、ディテールの損失も劇的増大してしまうため、実用性という面では、ISO204800程度まで使用するのがオススメです。

 

■まとめ 〜デジタル一眼の高感度性能はさらなる次元へ〜


野生動物の撮影や、室内スポーツ撮影でD5はその高い高感度性能を遺憾なく発揮し、一眼レフの撮影領域を更に広げたと言えるでしょう。これまで高感度耐性においてリーダーであったSONY α7S IIとの高感度対決も楽しみな部分です。

 

参考:DCView
画像:DCView

Reported by 山崎將方