デュアルピクセルCMOS搭載EOS M4と、フルサイズEOS Mが登場する!?

Pocket

カメラとブリリアントです。

Canon EOS M
画像:Canon Rumors(http://www.canonrumors.com/some-canon-mirrorless-talk-cr2/)

例によってCanon Rumorsによると、Canonから2機種のEOS Mが2016年秋〜冬に発売されるかも知れないとのことです。またそのうちの1台はCanon初のフルサイズミラーレス機となるかも知れないとのこと。



■EOS M3後継機とフルサイズミラーレス


Canon Rumorsの情報をまとめると、

  • 秋にCanonからミラーレス機が発表されるという情報を得た
  • 間違いなく2016年の終わりまでに2機種のEOS Mが発表されるとの情報を得た
  • そのうちの1機種はEOS 80Dと同じセンサーを使ったEOS M3後継機
  • EOS M3後継機に関しては、センサーだけでなく操作系に関しても変更が図られる
  • もう1機種はCanon初プロ用ミラーレス機となる
  • このプロ機に関しては、2400万画素のフルサイズセンサーが採用される
  • またこのフルサイズミラーレス機はEFレンズを使うことが出来るようになっている
  • EF-Mレンズが年内に3〜5本発表される予想

 

■まとめ 〜ミラーレスなのにEFマウントとはこれいかに?〜


フルサイズミラーレス機が発売されるとの話ですが、まずEOS M3後継機EOS M4にEOS 80Dと同じデュアルピクセルCMOSセンサーを採用するというのは、説得力のある噂です。

対してプロ用ミラーレス機というのは、海外と日本のプロ機の定義は少し違っており、日本ではプロ機と言うと、フルサイズ中級機(EOS 5D Mark III)以上というイメージですが、海外ではEOS 7D Mark IIやEOS 6Dもプロシューマー機としてカテゴライズされることが多いため、フルサイズミラーレス機もガチガチのプロ用というよりは、上級機というイメージが近いのかも知れません。

またフルサイズミラーレス機はEFレンズを使用するとのことですが、EFマウントを採用したのではEOS-Mシリーズと呼べるかは疑問ですし、またPENTAX K-01やSIGMA sd Quattroのようなミラーレスボディ+一眼レフ用マウントといったニッチな市場をCanonが狙うかな?という疑問が残ります。

Canonは以前インタビューで、「EF-Mマウントはフルサイズセンサーも物理的には入るかも知れないが、画質を担保することが難しい」とのコメントをしています。

EマウントもEF-Mマウントもマウント内径はほとんど変わらず、フルサイズセンサーは入るはずですから、結局フルサイズ機もEF-Mマウントで出し、EFレンズにはマウントアダプターで対応してくるのではないかという気がします。

 

参考:Canon Rumors
画像:Canon Rumors

Reported by 山崎將方



Pocket