ニコンからAF-S 70-300mm F4.5-5.6の後継レンズ2本が発売される!?

AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f:4.5-5.6G IF-ED

Nikon Rumorsによると、NikonからAF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-EDの後継にあたるレンズ2本が発表されるかも知れないとのこと。

AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-EDは2006年12月7日に発売されたレンズですから、既に10年近くが経っており、新型はいつ発売されてもおかしくない状況です。



■後継はVR(手ブレ補正)内蔵とVR無しの2バージョン


  • 今後数ヶ月以内にNikonは、AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-EDの後継レンズ2本を発表する可能性がある
  • この2本の新しい70-300mmレンズは、1本がVR(手ブレ補正機構)なし、もう1本が手ブレ補正ありのレンズとなる
  • NikonはAF-P DX NIKKOR 18-55mm F/3.5-5.6G VRといった、手ブレ補正搭載と非搭載の2バージョンを発売している

 

■70-300mmの高級バージョンも欲しいところ


AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-EDの後継レンズは期待されており、楽しみな噂ですが、日本のユーザーだけで言うのであれば、廉価バージョンと通常バージョンというよりは、通常バージョンとキヤノンのEF70-300mm F4-5.6L IS USMのような高級バージョンの2タイプの方が喜ばれるかも知れません。

 

参考:Nikon Rumors
画像:Nikon

Reported by 山﨑将方