カメラをもっと未来へ。SONYがコンタクトレンズカメラを開発中!?

FPOに掲載されている特許情報によると、SONYはズームレンズや絞り、ブレ補正まで搭載したコンタクトレンズ型カメラの開発を検討しているようなのでご紹介します。

同じような特許は他のメーカーからも出されていますが、このSONYのコンタクトレンズカメラは医療用ではなく、紛れもないスチールカメラとしての目的を持って開発されているようです。



■コンタクトレンズカメラの概要、本格的なスチルカメラが眼の中に?


あくまでも特許のみですから、実際に製品化されるかは不明ですが、少なくともSONYはコンタクトレンズカメラを研究しており、この特許を読んでみると驚くべき事が分かります。

このコンタクトレンズカメラは、眼球に装着するレンズと撮影する機能が搭載されており、撮影画像は記録媒体に保存されるとのこと。また、オートフォーカス、ズームレンズ、絞り制御、さらになんとブレ補正まで搭載されるようです。

瞼を閉じることでシャッターを切れ、と言っても勿論メカニカルなシャッター機構がある訳ではなく、電子シャッターのようなものだと思われますが、兎にも角にも瞼を閉じる時間や回数を圧電センサーで検出してシャッターを切り、キャプチャーした画像を記録するとの事です。

 

参考:FPO
画像:Public Domain Pictures

Reported by 山﨑将方