SONYがフォトキナで中判ミラーレス機を発表する!?

SONYの社名は「SONIC」の語源となったラテン語の「SONUS (ソヌス)」と小さいとか坊やという意味の「SONNY」に由来するそうです。

SONY α6300
画像:SONY(http://www.sony.com/)

SONY ALPHA RUMORSによると、SONYがフォトキナで中判ミラーレス機を発売する可能性があるとのこと。



■SONY中判ミラーレス機の噂


  • 評価するのが困難な噂がもたらされた
  • 情報源は確かですが、彼自身がSONYから得た情報を正確に伝えているかどうかは分からない
  • 情報源の話では、「SONYの上位の職員は「急いでハッセルブラッド(のミラーレス機)に行くべきではない」と言い、SONYは新しいレンズラインアップと共にフォトキナで中判カメラを発表すると語った。(〜中略〜)私たちはSONYから世界初の中判ミラーレス機が発売される事を見られるかも知れない」との事だった
  • 私はSONYが今年ハイエンドのフルサイズEマウントカメラ(噂されているα9)と新しい中判システムカメラを同時に発表するという話には少し懐疑的だ
  • 情報源の言うSONY上級職員が語った中判ミラーレスとは(実際に中判ミラーレスなのではなく)、「デジタル中判カメラの品質を持っている」という意味かも知れないと思っている
  • 私は1億画素センサーを使った中判ミラーレスより、AマウントやEマウントレンズに開発リソースを割くべきだと思う

SONYから今年1億画素の中判ミラーレス機が出るのではないかとう噂の話でしたが、フルサイズフラッグシップ機のα9の噂も出ており、両方を今年のフォトキナでは発表するというのはちょっと現実離れしているような気もします。

SONY ALPHA RUMORSが言うように、元々は「中判品質のミラーレス機をフォトキナで出す」という意味で語られた話なのかも知れません。

 

参考:SONY ALPHA RUMORS
画像:SONY ALPHA RUMORS

Reported by 山﨑将方