キヤノンが新型最上位ストロボ、スピードライト600EX II-RTを発表する!

スピードライト600EX-RT

CANON RUMORSによると、キヤノンが最上位ストロボ、スピードライト600EX II-RTとEOS-M用マクロレンズ、EF-M 28mm F3.5 マクロ IS STMを発表するとの事。



■スピードライト600EX II-RTの仕様


  • ガイドナンバー:60(照射角200mm設定時、ISO100・m)
  • 照射角:20-200mm(ワイドパネル使用時14mm)
  • オートズーム、マニュアルズーム
  • バウンス:上:90°、下:7°、左/右:180°
  • カスタムファンクション:15(36の設定)
  • パーソナルファンクション:6(12の設定)
  • 防塵防滴:対応
  • 外寸:78.7mm × 143.2mm × 122.7mm
  • 重量:435g
  • 外部バッテリーパック:CP-E4N
  • 特長:熱に強い素材を採用。旧型と比べて連続発光数が50%増加
  • バッテリーパック:CP-E4N使用時は2倍の連続発光が可能
  • ドットマトリクス方式液晶パネル搭載
  • 新型チャージインジケーター
  • カラーフィルター:SCF-E30R1・SCF-E30R2
  • バウンスアダプター:SBA-E3

スピードライト600EX II-RTはキヤノンの最上位ストロボで、機能的にはそれほど古さを感じさせる物ではありませんが、昨今様々なサードパーティメーカーからラジオスレーブ対応の高機能ストロボが登場しており、加えてライバルメーカーであるニコンも新型の最上位ストロボのSB-5000を発売しています。

SB-5000ではフル発光時のリサイクルチャージタイムが約2.6秒(スピードライト600EX-RTは5.5秒)、フル発光時の発光回数がSB-5000では約150回(スピードライト600EX-RTは約100回)となっており、省電力化やチャージタイムの高速化が図られています。

またGODOX V860Cに至っては、キヤノンE-TTL IIに対応し、リチウムイオン電池を使用する事で、1.5秒という非常に高速なリサイクルチャージタイムや約650のフル発光を可能にしています。

キヤノンユーザーとしても、スピードライト600EX II-RTの登場が待たれるところでしょう。

 

参考:CANON RUMORS
画像:Canon

Reported by 山﨑将方