EOS-1D X Mark IIによるCFast vs CFカード連写速度検証動画

CAPAカメラネットEOS-1D X Mark IIによるCFastとCFカードの連続撮影枚数の対決が掲載されています。

EOS-1D X Mark IIはCFastとCFのデュアルカードスロットを採用しており、高速連写モデルであることからも、次世代記録メディアの有効性を生かせる機種となっています。



■CFast vs CFカード


CFast vs CF

  • CFastカードを、CFカードと比較した
  • 使用したカメラはEOS-1D X Mark II
  • 撮影設定は、AF:AI SERVO、ドライブモード:高速連続撮影、記録画質:RAW+JPE­G(L)
  • テスト方法は連写開始後、連射音が鈍った時点でシャッターボタンを離すというもの
  • CFastメモリーカードはSanDisk Extreme PRO CFast 2.0:64GB
  • CFメモリーカードはSanDisk Extreme PRO CF:64GB
  • CFastカードの結果:実測107コマ前後
  • CFカードの結果:実測69コマ前後
  • 結果はCFastカードの方が圧倒的に連続撮影枚数が多く、さらに撮影後書き込み終了までの時間も短いことが分かった
  • SanDisk Extreme PRO CFast 2.0カード 128GBの場合は連写コマ数がさらに増え(実測130枚前後)、書き込み速度もより高速だった

以前LexarがXQDとCF・SDカードなどによる比較動画を掲載していましたが、その際もXQDの方がCFカードよりも格段に高速であるという結果でした。

やはりEOS-1D X Mark IID5(XQDモデル)、D500などでは、CFastやXQDカードを使うのが良いという事なのでしょう。

 

参考:CAPAカメラネット
画像:CAPAカメラネット
動画:CAPAカメラネット

Reported by 山﨑将方