超ハイアングル撮影向けカーボン一脚、Bi Rodでどこでも俯瞰撮影を実現する!

Bi Rod

LUMICAから、Bi Rodの新シリーズ「6Cシリーズ」が登場しました。

機種によってはなんと高さ7.5mものスーパーハイアングルを実現する一脚で、しかも驚くほど軽い一脚です。今回はこのスーパー一脚をご紹介したいと思います。



■Bi Rodってどんなもの?


鳥のように空中から撮りたいといった場合、脚立やスーパーブーム、場合によってドローンなどを使用しますが、使える環境が限られたり可搬性が悪かったりといった問題があります。手軽に超ハイアングル撮影したいという贅沢な願いを叶えるのがBi Rod(ビーアイ・ロッド)です。

Bi Rod 6Cシリーズは最長7.5メートルの長さまで伸ばすことができる撮影用ロングロッドで、Wi-Fi機能付きカメラとスマートフォンを使用することで、空中からの画像/動画の画角確認、リモート操作が可能です。

何と言っても非常に大掛かりな機材が必要であった超ハイアングル撮影を、手軽な機材で実現できるのがBi Rodの魅力です。ドローンのように使う場所の制限が厳しくなく、またスーパーブームのようなものと比較すると圧倒的に軽いのが大きな魅力と言えるでしょう。

 

■Bi Rodの構造


Bi Rodの先端にはカメラ用1/4インチネジがあり、ボール雲台が付属しています。ロック方式はレバーロックが採用されており、ワンタッチでのロック・アンロックが可能です。

本体はカーボン製となっているため、非常に軽いのが特長で、全長7.5mのBi Rod 6C-7500であっても、重量は1.5kgと驚くべき軽さを実現しています。

また専用のキャリングケースや自立させるための三脚も用意されており、こちらの三脚もBi Rod 6C-7500用モデルでも重量1.4kgということで、7.5mの一脚(Bi Rod 6C-7500)と自立用三脚(G80017)の両方でも合計重量2.9kgということで、中型三脚並の機材重量で超ハイアングル撮影を可能にしています。

 

■Bi Rod 6Cシリーズのラインアップ


Bi Rod 6Cシリーズのラインアップは以下の通りです。

Bi Rod 6C-2000

  • 最大高:2m
  • 最低高:58cm
  • 段数:6段
  • 外径寸法:23~38mm
  • 重量:0.7kg
  • 耐荷重:0.3kg
  • 希望小売価格:税別3万400円
  • セット価格:税別3万5400円

Bi Rod 6C-4500

  • 最大高:4.5m
  • 最低高:100cm
  • 段数:6段
  • 外径寸法:23~38mm
  • 重量:1.2kg
  • 耐荷重:0.3kg
  • 希望小売価格:税別3万5,800円
  • セット価格は:税別4万1,800円

Bi Rod 6C-7500

  • 最大高:7.5m
  • 最低高:155cm
  • 段数:6段
  • 外径寸法:23~38mm
  • 重量:1.5kg
  • 耐荷重:0.3kg
  • 希望小売価格:税別5万6800円
  • セット価格は:税別6万4800円

 

画像:LUMICA,デジカメWatch

Reported by 山﨑将方