D500の画質はどう進化したのか?ライバルEOS 7D Mark IIや前モデルD300Sとの比較は!?

今日はMOMAストアに行ってくるブリリアントです。

D500 vs D7200 vs D300S
画像:DxO Mark(http://www.dxomark.com/)

そのようなわけでDxO MarkにニコンD500と前D7200、前モデルであるD300Sのイメージセンサーの比較が掲載されていましたので簡単にご紹介します。



■D500と競合機の比較


D500 vs D7200 vs D300S
D500 vs D7200 vs D300S
画像:DxO Mark(http://www.dxomark.com/)

D300Sと比較した場合、D500のイメージセンサーはあらゆる面で上回っており、進歩を存分に感じさせる仕上がりとなっています。D7200と比較すると低感度領域ではD7200が各項目で僅かずつ上回るものの、高感度領域になるにつれD500はダイナミックレンジでD7200を上回る傾向にあり、高感度側で強い特性を持っているようです。

D7200のイメージセンサーはかなり良く出来たセンサーで、D7200登場時はD300S後継機待望論が根強く、またキヤノンのEOS 7D Mark IIの存在のために注目されなかった機種ですが、現在のDxO MarkイメージセンサーレーティングではAPS-Cサイズのイメージセンサーの中では1位となっており、画質面で非常に優れたミドルクラスの名機と言えるでしょう。

D500 vs EOS 7D Mark II vs α77 II
D500 vs EOS 7D Mark II vs α77 II
画像:DxO Mark(http://www.dxomark.com/)

D500とライバル機であるEOS 7D Mark II、またSONYのα77 IIと比較した場合、低感度から高感度領域まで、全ての項目でトップとなっており、ニコンAPS-Cフラッグシップ機の面目躍如となっています。

 

参考:DxO Mark
画像:DxO Mark

Reported by 山﨑将方