ソニーα9、オリンパスE-M1 Mark II、パナソニックLUMIX GH5は2017年初頭に発売!?

Pocket

ベニテングダケのマスコットキャラクター、ブリリアントです。

SONY α9
※画像はフェイクです。

Mirrorless Rumorsによると、ミラーレス各社のフラッグシップ機である、SONY α9、OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II、Panasonic LUMIX GH5の3機種は2017年に発売とのことです。



■各社の発売時期のズレとフォトキナでの目玉


Panasonic LUMIX GH5
※画像はフェイクです。

Mirrorless Rumorsの情報

Mirrorless Rumorsによると、パナソニック・オリンパス・ソニーの新しいロードマップについてより信頼できる情報を受け取り続けているとのこと。

3社ともに主要なカメラの発売を延期するという情報で、ソニーのフラッグシッププロ用ミラーレス機であるα9、オリンパスのフラッグシップ機OM-D E-M1後継機であるOM-D E-M1 Mark II、パナソニックのフラッグシップ機であるLUMIX GH4後継機LUMIX GH5は2017年の早い時期に発売されるとのことです。

またα9に関しては仮の名称であり、最終的な型番がα9になるかどうかは不明であること、またソニーはカメラショーを意図的に外して大きな製品を発表することで知られているため、フォトキナの後に発表する可能性もあるとのことです。

フォトキナの注目はEOS 5D Mark IVに集中?

カメラファンの注目度が非常に高い3機種だけに、発売時期が後ろにズレるのは非常に残念ですし、またフォトキナでの目玉がどうなるかという気がします。またソニー・オリンパス・パナソニック意外にもニコンD810後継機であるD900(D850?)やフジフイルムの中判ミラーレス機もフォトキナでの発表が期待されていましたが、どちらもソニー製イメージセンサーを採用する可能性が高いことを考えると、そちらも見送りになる可能性があります。

逆に比較的地震の影響が少なかったキヤノンはEOS 5D Mark III後継気のEOS 5D Mark IVを順当にフォトキナで発表することが出来れば、フォトキナでの唯一無二の注目製品になるかも知れません。

しかしここはポジティブに、一度気に何もかも出てしまうより2016年秋〜2017年春までさまざまな機種で楽しませてくれることを期待したいと思います。

 

参考:Mirroless Rumors

Reported by 山崎將方



Pocket