D3400が登場!エントリー一眼レフが2年半の時を経て進化し登場!

D3400

ニコンから人気エントリー一眼レフ、D3300後継機、D3400が正式発表されました。

まる2年半というエントリークラスとしては長い製品サイクルを経て、D3400がどんな進化を見せたのでしょうか?今回はこのD3400がどんな機種なのか見てみましょう。



■ニコンD3400の概要


D3400の基本仕様は以下の通り。

  • 撮像素子:ニコンDXフォーマット(APS-Cサイズ)CMOSイメージセンサー
  • 画像処理エンジン:EXPEED 4
  • 画面サイズ:23.5mm × 15.6mm
  • 総画素数:約2470万画素
  • 有効画素数:約2420万画素
  • 記録画像サイズ:(L)6,000×4,000、(M)4,496×3,000、(S)2,992×2,000
  • 常用ISO感度:ISO100-25600
  • オートフォーカス:11点オートフォーカスセンサー
  • 測距範囲:-1〜+19EV
  • ファインダー視野率:約95%
  • ファインダー倍率:約0.85倍
  • アイレリーフ:18mm
  • シャッタースピード:1/4000-30秒
  • ストロボ同調最高速度:1/200秒
  • 連続撮影速度:約5コマ/秒
  • 測光センサー:420分割RGB測光センサー
  • 動画記録:FHD(1,920×1,080)/60fps/50fps/30fps/25fps/24fps
    、HD(1,280×720)/60fps/50fps
  • 液晶サイズ:3.0型
  • 液晶解像度:92.1万ドット
  • SnapBridge:対応
  • バッテリーライフ:1,200枚(CIPA準拠)
  • 外形寸法:124×98×75.5mm
  • 質量:395g(本体のみ)

 

■D3400の外観


D3400

D3400

 

■何が変わったのか?


あまり変わってないように見えますが、SnapBridgeに対応し写真共有が非常に容易になったこと、バッテリーライフがCIPA準拠で1200枚というエントリーモデルとして驚異的な長さを実現していることなどが特徴です。

外形寸法は変わりませんが、重量はわずかに軽量化されているようです。また合わせて新キットレンズが採用されています。

 

画像:Nikon

Reported by 山﨑将方