EF16-35mm F2.8L III USM!超広角ズームレンズがリニューアル!

EF16-35mm F2.8L III USM

軒下デジカメ情報局にキヤノンの新大口径超広角ズームレンズ、EF16-35mm F2.8L II USMが登場するという噂が掲載されていましたので外観&スペックをご紹介します。

EF16-35mm F2.8L II USMの後継レンズとなるこのレンズ、何が進化したのでしょうか?



■EF16-35mm F2.8L III USMのデザイン&スペック


EF16-35mm F2.8L III USM

  • レンズ名:EF16-35mm F2.8L II USM
  • レンズ構成枚数:11群16枚(UDレンズ2枚/非球面レンズ3枚)
  • レンズコーティング:SWC/ASC/フッ素コーティング
  • 絞り羽根枚数:9枚(円形絞り)
  • オートフォーカス機構:リングタイプUSM
  • 最短撮影距離:0.28m
  • 最大撮影倍率:0.25倍(35mm)、0.12倍(16mm)
  • フィルター径:82mm
  • 最大径×長さ:88.5 × 127.5 mm
  • 質量:790g
  • レンズフード:EW-88D
  • フルタイムマニュアルフォーカス:対応
  • 防塵防滴:対応
  • 北米価格:2,199ドル

現行モデルのEF16-35mm F2.8L II USMと比較した場合、フィルター径は同じ82mmであるものの、外形寸法は88.5×111.6mmから88.5×127.5mmへと全長が15.9mm、質量は640gから790gと、150g重くなっています。

サイズ・重さはかなりアップしており、光学系にも大きな変更が加えられているようで、携帯性は落ちるものの、その画質には期待できそうです。

 

参考:軒下デジカメ情報局
画像:軒下デジカメ情報局

Reported by 山﨑将方