これは使える!撮影旅行の計画に「交通費変形地図」を参考にしてみては!?

Pocket

交通費変形地図
画像引用元:Geodate Visualize(http://geodatavisualize.tumblr.com/)

Geodate Visualize交通費変形地図が掲載されていましたのでご紹介します。新宿からの大まかな交通費が分かるこの交通費変形地図を使うことで、どこに撮影に行こうか?といった撮影旅行の計画を立てたり、撮影費用の計算に役立つことでしょう。

新宿駅からの交通費ということで首都圏にお住いの方に限られてしまうものの、一般的な観光旅行などの計画を立てるのにも役立つユニークな地図となっています。



■交通費変形地図とは?


交通費変形地図とは、乗り換え案内サービスの「ジョルダン」や旅行比較サイトの「トラベルコちゃん」のデータから、新宿駅から各都道府県で最も乗降客数の多い駅までの交通費を算出し、その交通費に応じて距離を変形させた地図となります。(夜行バスなどの格安バスは含まれないとのこと)

交通費変形地図には新宿駅から、

  • 5,000円未満
  • 10,000円未満
  • 10,000円以上

以上の3つのエリアに分かれています。現在は新宿駅からとなっていますが、東京だけでなく各県からのバージョンも出ればより多くの方に役立つ地図となりそうです。

 

■交通費変形地図から分かること


交通費変形地図
画像引用元:Geodate Visualize(http://geodatavisualize.tumblr.com/)

新宿駅からもっとも安く辿り着けるのは神奈川県(横浜駅)の421円(電車)、もっともお金がかかるのは長崎県(長崎駅)の14,191円(飛行機・電車)となっています。

北海道より秋田県や新潟県に行く方が交通費がかかる、沖縄県は九州や四国の各県よりも交通費がかからないといったように、実際の地図上での距離と交通費変形地図のギャップが見てとれます。

「往復10,000円で行ける観光地はどんなところがあるかな?」といった感じで、観光旅行や撮影旅行の計画に交通費変形地図を活用してみてはいかがでしょうか?

 

参考文献:Geodate Visualize
画像引用:Geodate Visualize

Reported by 山崎將方



Pocket