CMOSISからグローバルシャッター搭載の4,800万画素CMOSセンサーが登場!

cmv50000vorne
画像引用元:CMOSIS(http://www.cmosis.com/news/press_releases/industrys_first_global_shutter_48mpixel_cmos_image_sensor_from_cmosis_supports_8k_image_resolution)

ベルギーの半導体メーカーCMOSISが11月7日にグローバルシャッター搭載4800万画素CMOSイメージセンサー、「CMV50000」を発表しました。

CMV50000の画面サイズは36.43×27.62mm、7920×6002ピクセルとのこと。動体撮影でも歪みのない画像を記録できるという。



■CMV50000の概要


デジカメWatchによるとCMV50000の概要は以下の通り。

  • CMV50000の画素数は4800万画素
  • 画面サイズは36.43×27.62mm
  • 記録画素数は7920×6002ピクセル
  • 動画は4K/60p記録に対応
  • グローバルシャッター方式
  • 偶数列、奇数列の二重露光によるHDRモードを搭載
  • 2016年末からカラー版のサンプルを出荷予定
  • 価格は3,450ユーロ(約39万8000円)

CMOSISはベルギーのファブレス企業(工場を持たず委託で製造を行うメーカー)で、同社のCMOSイメージセンサーはLeica M(Typ 240)に使われている。

 

参考文献:デジカメWatch,CMOSIS
画像引用:CMOSIS

Reported by 山崎將方