ニコンが2017年に発売するカメラ&レンズの予想リストが登場!

Nikon D900
※画像はフェイクです。

Nikon Rumors2017年にニコンから登場すると予想されるカメラとレンズの情報を掲載しています。

特に注目度が高いモデルとしては、D700の本当の後継機と言えるD5の小型軽量版であるD760でしょう。またいくつかのフルサイズ機に加えてNikon 1 J6など多くのモデルが2017年に登場すると予想しています。



■ニコンから2017年に発売されると思われる製品のリスト


Nikon Rumorsによる情報は以下の通り。

  • D5600:CES 2017(2017年01月05日〜8日)にアメリカでも発表されるだろう。
  • Nikon 1 J6:2017年の初期。また1 NIKKORの多くの特許が登場している。
  • 大型イメージセンサー搭載ミラーレス機:登場時期不明
  • Nikon DL:2017年初期にリリース開始。ほぼ1年遅れ。
  • 望遠レンズ群:Eタイプ(電磁絞り)&FLレンズ(蛍石レンズ)でリニューアルされることが期待できます。幾つかの特許が出願されており、300mm/F2.8も登場しそう。
  • D5X:D3X(2008年12月19日発売)のようなモデルで価格は約10,000ユーロでフジの中判ミラーレスカメラGFXなどと競合するが、高価すぎることもありに噂の信憑性は低い。
  • D760:ベイビーD5とも言えるこのモデルは真のD700後継機とも言えるカメラで、D5と同じセンサーを使用しD5ほどタフなカメラではない。D760のモデル名となるかもしれない。
  • フルサイズ後継機:D750(2014年09月発表)、D810(2014年06月発表)、D610(2013年10月発表)の3つのフルサイズ機はモデルチェンジの時期を迎えており新機種が出るかも知れない。ニコンは安いモデルから発表していく傾向にある。D610とD750は統合される可能性があると考えている。
  • Df2:ニコン創業100周年を記念してDfの後継機が登場するかもしれない。

D700と比較してD750はチルト液晶や角形ファインダー、モードダイヤルを搭載しD700のパワフルな高速連写機とはやや印象の異なるモデルとして登場しました。

そのため従来のD700のファンの一部からは「期待したのはこれじゃない」という意見もありました。D750はその軽快さや使い勝手からプロやハイアマチュアから高い評価を得て好調なセールスを記録したものの、D5のようなハイエンドモデルよりも小型軽量で高速連写が可能なフルサイズ機を望む声は根強く、真のD700後継機とも言えるこのD760に期待されている方も多いのではないかと思います。

Nikon Rumorsは「D610後継機とD750後継機が統合されD760になるかも知れない」と予想していますが、D610とD750が統合されるとベイビーD5といったモデルになるとは考えにくく、このD760がバランスのとれたD750的なモデルとなるのかD5の小型軽量版のような高感度高速連写に特化したモデルとなるのか注目されるところです。

 

参考文献:Nikon Rumors

Reported by 山崎將方