DJIがハッセルブラッドを買収、共同開発されたハイエンドドローンが登場する!?

DJI PHANTOM 4

先日THE LUMINOUS LANDSCAPEがスウェーデンの老舗カメラブランドであるハッセルブラッドが、PHANTOMシリーズなどドローンで有名なDJIに買収されたのではないか?というニュースを伝えていましたが、Tech Crunchが独自に調査を行い、ハッセルブラッドがDJIに買収されたことを確認したとのことです。

今回はこのDJIによるハッセルブラッドの買収とハッセルブラッドの今後についてのニュースをご紹介します。



■DJIによるハッセルブラッド買収で両社はどうなる?


Tech Crunchの話は以下の通り。

ハッセルブラッドとDJIはどんなメーカー?

2016年、DJIはスウェーデンのカメラブランドであるハッセルブラッドの株主になった。ハイエンドのドローン・カメラの分野で協力していくとのこと。DJIがドローンを、ハッセルブラッドがカメラを提供すると発表した。

Tech Crunchが独自に取材したところ、DJIがハッセルバラッドを買収したことを確認した。直接の買収契約ではないものの、DJIはハッセルブラッドの株式の過半数を取得したとのこと。これも時代の流れだろう。

1941年に誕生したハッセルブラッドは、かつては最先端のカメラを市場に提供していることで知られていた。彼らのカメラはNASAが1960年代にアポロ計画で月面写真の記録を残すことなどに使用された。一方でDJIは急成長を続けるドローン市場の最大手の中国のメーカーだ。

ハッセルブラッドのカメラは市場で最高のものとして知られているものの、一般ユーザーには手が届かない価格だ。DJIがどうやってハッセルブラッドの品質を維持しながらカメラ製造をするのか、またハッセルブラッドの技術をDJI製品に生かしていくのか、興味が持たれる。

ハッセルブラッドのこれから

DJIはハッセルブラッドを独立した子会社のように運営させるつもりのようだ。しかしハッセルブラッドのカメラはDJIのドローンに組み込めるのか、あるいはハッセルブラッドのカメラ技術を利用してPHANTOM 4やMAVIC Proのようなコンシューマレベルの新しいドローンを作るつもりなのかはわからないが、いずれにしても成功すれば両社にとって大きなメリットになるだろう。

DJIのカメラは高品質で、ドローン業界ではおそらく世界トップだろう。しかしDJIは写真家が好むようなブランド力には欠けている。ハッセルブラッドの買収はブランド価値の面でDJIに好影響を与えるはずだ。またDJIはハッセルブラッドが持つ高級カメラの技術を自由に利用できるようになる。

ハイエンドカメラだけに焦点を当てるハッセルブラッドの戦略は全く上手くいっていない。最近はハッセルブラッドはビジネス的に失敗を繰り返しており、何度も株主が変わっている。最近の例では2011年にヨーロッパのVentizzが買収している。

両社と直接取引きを行っている業界関係者が買収を確認しているにも関わらず、DJIは買収に関する詳細を発表していません。DJIの広報担当は「DJIとハッセルブラッドのパートナーシップについて新しいニュースはない。私たちは世界中のクリエイターに世界クラスの映像を提供するために引き続き協力していきます」とだけコメントした。


ハッセルブラッドをドローンで有名なDJIが買収した可能性が非常に高いようです。近年ハッセルブラッドは中判ミラーレスカメラのX1D-50cで話題を呼びましたが、これからのハッセルブラッドにも注目していきたいところです。

 

参考:Tech Crunch
画像:Tech Crunch,DJI

Reported by 山﨑将方