SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM Artが2月23日までに発表される!?

SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM Art

CANON RUMORSによると、シグマが2017年02月23日から横浜で開催されるCP+ 2017の前に手ぶれ補正機構搭載大口径標準ズームレンズ、SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM Artを発表するだろうと伝えています。

今回はこのSIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM Artの噂をご紹介します。



■SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM Artの噂


CANON RUMORSによるSIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM Artの噂は以下の通り。

  • シグマは2017年02月23日から横浜で始まるCP+に先立ち、SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM Artを発表するだろう
  • 私たちはSIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM Artのための特許を2016年03月に見ています
  • (このレンズを)シグマは夏前に発売したいと考えているが、間に合わなければ発表もCP+後になるかもしれない

SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM ArtというビッグなレンズがシグマのCP+での目玉となるかもしれないとのことで期待が高まります。

代表的なカメラメーカー純正のフルサイズ一眼レフ用大口径標準ズームレンズとしては、

  • Canon:EF24-70mm F2.8L II USM
  • Nikon:AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR

などがあります。

サードパーティ製のフルサイズ対応大口径標準ズームレンズはあるもの、やはりそのクラスの最高峰はメーカー純正レンズというのが定番でした。

しかし近年クラス最高峰と謳われる光学性能のレンズを連発しているシグマからSIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM Artが出るのであれば、純正大口径標準ズームレンズを超える画質が十分に期待できるため注目が集まります。またペンタックスKマウント用の登場も期待されるところでしょう。

 

参考:CANON RUMORS
画像:SIGMA

Reported by 山﨑将方