Canon EF135mm F2L IS USMが2017年に発売される!?

Pocket

Canon EF135mm F2L USM
画像:Amazon(https://www.amazon.co.jp/)

CANON RUMORSによると、2017年キヤノンはEF85mm F1.4L USMを発売し、その後にEF135mm F2L IS USMを発売するとのこと。

EF135mm F2L IS USMはEF135mm F2L USMの後継機となるモデルで、EF135mm F2L USMはポートレートなどに非常に人気のある望遠単焦点レンズですが、その後継機は手ぶれ補正機構を搭載するようです。

今回はこのEF135mm F2L IS USMの噂をご紹介します。



■EF135mm F2L IS USMの噂


CANON RUMORSによるEF135mm F2L IS USMの噂は以下の通り。

  • 我々はEF135mm F2L USMの後継機(EF135mm F2L IS USM)が予定されていることを告げられた
  • 新たなEF135mm F2L IS USMはEF85mm F1.4L USMの後に登場するだろう
  • このEF135mm F2L IS USMの正確な発売日はまだわからないが、2017年中であることは確かだろう
  • 私たちは噂の格付けを上げるための努力を行っている

EFマウントフルサイズ対応の主要な135mmレンズは、EF135mm F2L USMの他にはツァイスのApo-Sonnar T* 2/135 ZEがあります。

EF135mm F2L USM後継機では、最近のEFレンズの流れに乗って、

  • BRレンズ(青色の光の進路を制御することで、大口径レンズに出やすい色収差を高度に補正する複合レンズ)
  • SWC(周辺部のフレアやゴーストの発生を大幅に抑制する新世代コーティング)
  • フッ素コーティング(レンズ表面に付着した汚れを、簡単に取り除くことができるフッ素コーティング)

などの採用が予想されます。

 

参考:CANON RUMORS
画像:Amazon

Reported by 山崎將方



Pocket