EOS 6D Mark IIのスペック&価格情報

EOS 6D

CANON RUMORSによると、キヤノンのエントリーフルサイズ一眼レフEOS 6D後継機、EOS 6D Mark IIは2000ドル(日本円換算で約20万6千円)で4月以降夏前の発売とのこと。また2,800万画素のデュアルピクセルCMOSイメージセンサーや可動式液晶モニター、無線充電などを採用しているようです。

今回はキヤノンの人気エントリーフルサイズシリーズ、EOS 6D Mark IIの噂をご紹介します。



■EOS 6D Mark IIのスペック&価格情報


EOS 6D後継機、EOS 6D Mark IIのスペック情報は以下の通り。

  • EOS 6D Mark IIは4月のNAB Showの後から夏まえまでに発表される
  • EOS 6D Mark IIは新型のイメージセンサーを搭載している
  • 情報源によるとEOS 6D Mark IIは2,800万画素(総画素数なのか有効画素数なのかは不明)
  • デュアルピクセルAFを採用
  • 画像処理エンジンはDIGIC 7
  • 動画機能は議論が行われており4K動画記録に対応しているかもしれない
  • 無線LAN、NFC対応、無線充電対応
  • デュアルSDカードスロットを搭載している
  • ファインダーは大型化している
  • 背面ディスプレイはタッチパネル対応の可動式液晶モニター
  • 価格は2,000ドル(日本円換算で約20万6千円)

EOS 6D Mark IIは2,800万画素のデュアルピクセルCMOSイメージセンサーとの情報があるようで、スペック的にも妥当な線であると思いますが、無線充電に対応というのが本当であれば、頻繁に撮影する方には便利な機能となりそうです。

またボディ単体が20万円程度だとすると、EOS 5D Mark IVとの価格差もかなりあり歓迎されそうです。

 

参考:CANON RUMORS
画像:Amazon

Reported by 山﨑将方