ニコンFマウント写りの良いフルサイズ対応おすすめレンズはこれだ!

NIKON Lens

ニッコールレンズといえば長い歴史と非常に多彩なラインアップがあることで知られていりますが、あまりにも沢山のレンズがあるために迷ってしまうこともあるかと思います。

そこで今回はFマウントニッコールレンズを、価格や携帯性を度外視して焦点距離別で画質優先のオススメラインアップをご紹介します。

全部揃えればあなたもFマウントマスターになれるかも!?



■Fマウントおすすめズームレンズ


ニコン一眼レフをズームレンズ主体で使うという方におすすめのラインアップはこちら

超広角ズームレンズ

Nikon AF-S NIKKOR 14-24mm f:2.8G ED

  • AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDは開放F値は明るい2.8で一定。極めて高い光学性能を実現したズームレンズです。

AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDはニコン超広角レンズラインアップの中でも最高画質を誇るレンズとして長い間君臨しているレンズです。AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRとAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VRという標準と望遠の大三元レンズがリニューアルされているため、このレンズもリニューアルされる可能性はありますが、現時点で最高の超広角レンズであることに変わりはありません。

撮像範囲の広いFXフォーマットで画面のすみずみまで高い描写力を発揮。ナノクリスタルコートの効果で、逆光気味の状況でも、ゴースト、フレアの少ないクリアーな画像が得られます。

広角ズームレンズ

AF-S NIKKOR 18-35mm f:3.5-4.5G ED

  • AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED

AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G EDは画角100°(FXフォーマット時)の超広角域からの約1.9倍超広角ズームレンズです。約385gと軽量コンパクトで機動性の高い撮影が可能です。

超広角レンズやマクロレンズは使うか使わないかがはっきりしないシチュエーションでは持っていくのをためらいがち。AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G EDは小型軽量であるため、常にカメラバッグに入れておいても苦がないレンズで、プラス一本のレンズとしてオススメです。

AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G EDの魅力は携帯性だけではありません。非球面レンズ、EDレンズを採用した高い解像感を実現する光学性能が、高画素のデジタル一眼レフカメラのパフォーマンスを最大限に引き出します。SWMを搭載しており、静粛性に優れたAF撮影も実現しています。

標準ズームレンズ

AF-S NIKKOR 24-70mm f:2.8E ED VR

  • AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRは開放F値が2.8で一定のVR機構搭載の標準ズームレンズ。NIKKOR初のED非球面レンズをはじめ、EDレンズ、非球面レンズ、高屈折率(HRI)レンズ、ナノクリスタルコートを採用し高い光学性能を実現しています。

標準レンズは多くの撮影で使用頻度の高いレンズとなります。画質だけでなく、高速なオートフォーカスと手ぶれ補正の搭載は大きく使い勝手を向上させています。何はともあれAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR一本あれば、風景・スナップ・ポートレートなどさまざまなシチュエーションで活躍します。

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRはさらに手ブレ補正効果4.0段(CIPA規格準拠)を持ち、カメラ電源オン直後のVR性能をさらに高めたVR機構を搭載しています。AFスピードとAF精度も向上し、より素早く正確なピント合わせを可能で、また、電磁絞り機構の搭載による安定したAEが、高速連続撮影をサポートします。

さらにメンテナンス性の高いニコン独自のフッ素コートをレンズの最前面と最後面に採用しており、操作性とホールディング性に優れたレンズ鏡筒デザインで、プロフェッショナルの要求に応える高い堅牢性と耐久性、耐衝撃性も備えています。

望遠ズームレンズ

AF-S NIKKOR 70-200mm f:2.8E FL ED VR

  • AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR

AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VRは機動性と優れた光学性能を高次元で両立した開放F値2.8一定の大口径望遠ズームレンズです。防塵・防滴構造とフッ素コートの採用による耐候性とレンズの軽量化により、ハードな撮影環境でも高い機動力を発揮します。

望遠レンズは風景・スポーツ・ポートレートなどさまざまなシチュエーションで活躍します。

新たに光学系に蛍石を採用することで、さらなる高画質化を実現しています。また最短撮影距離を前モデルから1.1mに短縮しています。手ブレ補正効果4.0段(CIPA規格準拠)のVRモードには、動く被写体を追いやすい[SPORT]モードも搭載。電源投入直後のVR性能の大幅向上、不規則に動く被写体へのAF追従性の向上、電磁絞り機構による高速連続撮影時でも安定した露出制御など動体撮影のための最新テクノロジーを搭載しています。

さらに、ホールディング性の向上や4つのフォーカス作動ボタンなどの装備によりスムーズな操作性を追求しています。蛍石レンズ、高屈折率レンズ、EDレンズ、ナノクリスタルコートの採用で画像周辺部まで卓越した描写性能が得られます。

超望遠ズームレンズ

AF-S NIKKOR 200-400mm f:4G ED VR II

  • AF-S NIKKOR 200-400mm f/4G ED VR II

AF-S NIKKOR 200-400mm f/4G ED VR IIは望遠から超望遠の画角をカバーして高い実用性を発揮する、超望遠ズームレンズ。ブレ軽減効果が高いVR機構(手ブレ補正効果3.0段)、ゴーストやフレアの少ない鮮明な画像が得られるナノクリスタルコートを採用しています。

AF-S NIKKOR 200-400mm f/4G ED VR IIは200-400mmをカバーする大口径レンズということで、プロスポーツ撮影やオリンピックの現場などでも活躍しています。フォーカスモードは、オート優先AF、マニュアル優先AF、マニュアルフォーカスの3つから選べます。

 

■Fマウントおすすめ単焦点レンズ


ニコン一眼レフを単焦点レンズ主体で使うという方におすすめのラインアップはこちら

超広角単焦点レンズ

AF-S NIKKOR 24mm f:1.4G ED

  • AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED
  • AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED
  • AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G

AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDは最新の光学設計で小型・軽量・高画質を実現した、高画素・FXフォーマットカメラの高い鮮鋭感が活きる大口径超広角レンズです。

目の前の空間をすべて写しこむような描写や、多様なアングルからのパースペクティブを活かした表現が可能。開放F値1.8ならではの浅い被写界深度を活かし、背景を大胆にぼかした撮影も楽しめます。ゴースト、フレアの少ないクリアーな画像が得られるナノクリスタルコートも採用しています。

AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G EDは画角84°(FXフォーマット時)の広角レンズながら、高い解像力と開放F値1.4の明るさを活かした、大きく美しいボケ味の撮影が可能。

明るい開放F値は薄暗い室内や夕景での手持ち撮影にも威力を発揮します。ナノクリスタルコートを採用しており、ゴースト、フレアの少ないクリアーな画像が得られます。

AF-S NIKKOR 28mm f/1.8Gは解像力の高い単焦点レンズならではのシャープなピントと、開放F 値1 .8 の美しい自然なボケ味が楽しめる、画角75°(FXフォーマット時)の大口径広角レンズです。ナノクリスタルコートの採用で、ゴーストやフレアの少ないクリアーな画像を実現しています。

 

広角単焦点レンズ

AF-S NIKKOR 35mm f:1.4G

  • AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G

AF-S NIKKOR 35mm f/1.4Gは色収差を効果的に軽減した開放絞りでの高解像力と、自然なボケ形状を両立させた、描写性能の高い大口径広角レンズです。

焦点距離35mmはスナップ撮影などにも使いやすい汎用性の高い焦点距離で、単焦点レンズ一本で出かけたいといった際には使いやすいレンズです。

またAF-S NIKKOR 35mm f/1.4Gはその高い画質だけでなく、ゴースト、フレアの少ない鮮明な画像が得られるナノクリスタルコートを採用。SWM搭載により、静粛で高級感あふれるAFも実現しています。

標準単焦点レンズ

AF-S NIKKOR 58mm f:1.4G

  • AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G

AF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gは高い点像再現性と美しいボケ味で空間を独創的に描写する、大口径標準単焦点レンズです。

AF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gは単なる標準単焦点レンズというだけでなく美しいボケ味によってポートレートやスナップ撮影にも活躍する1本です。

夜景撮影では、開放絞りで画像周辺部の点光源までも「点」に描写し、人物や静物の撮影では、被写体の佇まいを魅力的に描きます。相反する特性が写真表現の楽しさを拡げます。

中望遠単焦点レンズ

AF-S NIKKOR 105mm f:1.4E ED

  • AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G
  • AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED

AF-S NIKKOR 85mm f/1.4Gは光学設計の一新、ナノクリスタルコートの採用で優れた解像力を実現した、高画質な中望遠レンズ。f/1.4の明るい開放F値、円形絞りの採用で、美しいボケ味が楽しめます。

ポートレートレンズとしても非常に人気のあるレンズで、開放からシャープの写りと美しいボケはまさに人物撮影のためにあると言える描写となっています。

また、SWMの搭載で静粛なAFを実現する一方、改良した新しいMF駆動機構を採用し、M/A時のマニュアルフォーカスの操作感を高めています。

AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E EDは「三次元的ハイファイ」の設計思想を継承し、ピント面から遠ざかるにつれてなだらかに変化する美しいボケ味で、人物や静物などの奥行き感をより自然に描写する、大口径中望遠単焦点レンズ。

開放絞りでも遠景をシャープに再現する高い解像力と、点光源を歪みやにじみの少ない「点」として描写する高い点像再現性を誇ります。また3枚のEDレンズが色にじみを効果的に低減。 NIKKOR伝統の焦点距離105mmにおいて世界で初めて開放F値1.4とAFの両立を実現しています。

望遠単焦点レンズ

AF-S NIKKOR 200mm f:2G ED VR II

  • AF-S NIKKOR 200mm f/2G ED VR II
  • AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II

AF-S NIKKOR 200mm f/2G ED VR IIは従来の200mmf/2Gの仕様を踏襲しつつ、新たに、高いブレ軽減効果を発揮するVR機構(手ブレ補正効果3.0段)を搭載。

さらにゴースト、フレアの少ない鮮明な画像が得られるナノクリスタルコートを採用し、一段と高度な仕様を実現しました。「A/M」モードの搭載で、操作性も高めています。

AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR IIは効果的にブレを軽減するVR機構(手ブレ補正効果3.0段)、ゴーストやフレアの少ない鮮明な画像が得られるナノクリスタルコートを採用。

開放F値が2.8と明るい、プロフェッショナル愛用の大口径望遠レンズです。クリアーで抜けのよい画像に、迫力と緻密の共存する世界が広がります。

超望遠単焦点レンズ

AF-S NIKKOR 800mm f:5.6E FL ED VR

  • AF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL ED VR
  • AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR
  • AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR
  • AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VR

AF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL ED VRは最新技術により大幅にリニューアルし、AF速度、AF精度、AE精度も向上した新世代の超望遠レンズ。

また、蛍石レンズの採用などにより、色収差の少ない優れた光学性能を実現し、かつ質量約3800gと非常に軽量で、高い機動性を発揮。高速連続撮影時の安定した露出制御を可能にする電磁絞り機構を採用。VR機構は手ブレ補正効果4.0段で超望遠撮影をサポート。

さらにスポーツなど動きのある被写体の撮影時に安定したファインダー像を提供する、新開発VRモード「スポーツモード」をNIKKOR初搭載。レンズ前面部には耐久性が高く優れた防汚効果が長期間持続する、ニコン独自のフッ素コートもNIKKOR初採用。反射防止効果もあり、クリアーな画像の撮影にも貢献します。三脚座リングには耐久性に優れたベアリングを用いており、横位置、縦位置の構図変更がスムーズに行えます。

AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VRはスポーツなどの撮影に威力を発揮する優れた描写力の明るい超望遠500mmレンズ。蛍石レンズ2枚の採用で世界最軽量※1約3090gを達成。蛍石レンズ、EDレンズ、ナノクリスタルコートを採用し、色収差やゴーストを抑えた高い光学性能を実現しています。

手ブレ補正効果4.0 段のVR機構を搭載したほか、VRモード[SPORT]も採用。動きの変化が激しい被写体もファインダーで追いやすく、高速連続撮影時にも高いAF追従性、電磁絞り機構によるAEの安定性を発揮します。

また、縦横の構図変更がしやすいベアリングを用いた三脚座リングや、ニコン独自のフッ素コートを採用。優れた堅牢性と防滴性能を備えています。

AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VRは優れた光学性能と大幅な軽量化を実現した、焦点距離600mmの明るい超望遠レンズです。蛍石レンズ2枚の採用で、世界最軽量※1約3810gを達成しています。

また、蛍石レンズ、EDレンズ、ナノクリスタルコートを採用し、色収差やゴーストを抑えた高い光学性能を実現。手ブレ補正効果4.0段のVR機構を搭載したほか、野生動物など動きの変化が激しい被写体を追う際にも安定したファインダー像を提供する、[SPORT]モードを採用。

高速連続撮影時にも、高いAF追従性と電磁絞り機構によるAEの安定性が得られます。ベアリングを用いた三脚座リングを採用し、縦横構図の変更もスムーズ。また、ニコン独自のフッ素コートをレンズ前面部に採用。堅牢性と防滴性能を備えています。

AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VRは遠く離れた被写体を追い求める報道、スポーツ、野生動物の撮影に適した焦点距離800mmの超望遠レンズ。蛍石レンズ、EDレンズ、ナノクリスタルコートを採用し、色収差、ゴースト、フレアの少ないクリアーな画像が得られます。

超望遠レンズでテレコンバーター使用時にも安定した露出制御を可能にする電磁絞り機構を搭載したほか、VR機構(手ブレ補正効果4.5段が超望遠撮影をサポート。軽量化に大きく貢献する蛍石レンズに加え、レンズ鏡筒にはマグネシウム合金を採用し、堅牢性と軽量化を両立させています。

また、EDレンズを使用した、本レンズ専用設計のテレコンバーターを付属。これを併用することで、本レンズの性能を損なうことなく、鮮鋭感のある描写を維持しながら、焦点距離を1000mmに拡張できます。

マクロレンズ

AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f:2.8G IF-ED

  • AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
  • AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G EDは無限遠から至近(等倍)まで幅広い撮影倍率が楽しめ、等倍撮影でも絞り開放からシャープな描写力を発揮します。

ゴーストやフレアの少ない鮮明な画像が得られるナノクリスタルコートを採用。ボケ味が美しく、クローズアップ写真:撮影だけでなく、ポートレートや風景など多彩な撮影に使えるマイクロレンズです。

AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-EDはVR機構(手ブレ補正効果3.0段を搭載した、手持ちのクローズアップ撮影も容易な望遠マイクロレンズ。

細部までシャープに再現しながら硬質なだけではない味わいのある描写が、クローズアップ撮影はもちろん、105mmの焦点距離を活かしたポートレート撮影にもピッタリです。ゴーストやフレアを軽減するナノクリスタルコートを採用しています。

アオリレンズ

  • PC NIKKOR 19mm f/4E ED

PC NIKKOR 19mm f/4E EDは建築物やインテリアの撮影に最適な焦点距離19mmの超広角PCレンズ。

従来のレボルビング機構に加え、シフトとティルトの作動方向を平行から直交まで自由に設定できるPCレボルビング機構を新たに搭載。また、シフト位置をなめらかに微調整可能でロック操作が不要なシフト機構により、アオリ撮影時の操作性も向上しています。

画像周辺部までの高い解像力と優れた像面の平坦性を実現し、超広角で捉えた画像のすみずみまで精細に描写。さらにナノクリスタルコート、フッ素コートも採用。優れた光学性能と多様な撮影意図に応える機能性で、都市景観の撮影やファインアートの創作など、アオリ撮影による表現の幅を拡大します。

D5、D4シリーズ、D3シリーズ、Df、D810シリーズ、D500は制限なしで使用できます。それ以外のカメラでは、シフトおよびレボルビングの組み合わせによっては、レンズとカメラボディーが干渉して操作が制限される場合があります。

 

参考:Nikon
画像:Nikon,Amazon

Reported by 山﨑将方