ドライアイや乾燥肌の対策におすすめの加湿器「Dyson Hygienic Mist」のご紹介!

Dyson Hygienic Mist
画像:Amazon(https://www.amazon.co.jp/)

皆さん加湿器お使いですか?冬は乾燥肌やドライアイには辛い季節です。ちなみに私も画像編集などでモニターを長時間見ることの多い職業の上にドライアイのため、加湿器は欠かせません。

しかし加湿器はタンクに水を長時間入れておくため、雑菌やカビが繁殖しやすく、マメな掃除が必要になるといった手間もかかります。Dyson Hygienic Mistは紫外線による除菌を行うことでこの細菌の繁殖を大幅に抑制した、ダイソンらしい革新的なデザインと発想の加湿器です。

今回は冬の乾燥にお困りのあなたにおすすめの加湿器「Dyson Hygienic Mist」のお話です。



■Dyson Hygienic Mistの魅力


99.9%のバクテリアを除菌するウルトラバイオレットクレンズテクノロジー

Dyson Hygienic Mistの特徴は、加湿器にありがちな、「雑菌」「掃除の手間」「加湿力」「電気代」といった問題を解決している点にあります。

加湿器は水を使用するため、放っておくと雑菌が繁殖してしまいます。しかし毎日掃除するのは大変です。そこでDyson Hygienic Mistは雑菌やカビが繁殖しにくく、またメンテナンスが行いやすいように作られています。

加湿器はアレルギーや風邪の予防に有効であると考えられていますが、ひとたび細菌の温床となった加湿器は部屋中に菌を撒き散らしてしまい逆効果となってしまう場合があります。

Dyson Hygienic Mistは細菌の温床となりうるスポンジやフィルターがなく、本体内の水を一滴残らず強力なUV-Cライト(紫外線)を約3分間当たることで、水に潜む99.9%のバクテリアを除菌し健康的な空間を維持します。

Dyson Hygienic Mistも全くのメンテナンスフリーというわけではなく、1週間に1回はタンクの水洗いやトレイに溜まった水を捨てるといった簡単な掃除が必要であるものの、水を入れっぱなしにしてしまうことで細菌が繁殖してしまうのは加湿器の大きな心配の一つであるため、Dyson Hygienic Mistの紫外線による除菌機能はその心配を大きく減らしてくれています。

音響工学に基づく設計で静か

Dyson Hygienic Mistは正確な加湿とタンク内の水を効率的に使用するため、最大18時間の連続運転が可能にしています。そのため給水の手間が少なく、また設定した時間に自動で電源が切れるスリープタイマーも搭載しています。

 

■Dyson Hygienic Mistの仕様


  • 本体質量:3.53kg
  • 加湿能力:300mL/h
  • タンク容量:2.84ℓ
  • 本体サイズ(高さ×幅×奥行き):579mm×240mm×222mm
  • 最小 / 最大消費電力(w):I ファンモード 6 / 40 加湿モード 35 / 55
  • 最少 / 最大運転音(dB):ファンモード 22.7 / 46.6
  • 適用床面積(畳):8畳 / 5畳

 

参考:dyson
画像:Amazon

Reported by 山崎將方