パナソニックの8-18mm F2.8-4.0と50-200mm F2.8-4.0は2017年夏〜秋発表!?

LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S.

4/3 RUMORSによると、パナソニックの新ライカレンズ、8-18mm F2.8-4.0と50-200mm F2.8-4.0は夏の終わりから秋にかけて発売されるとのこと。

今回はこの8-18mm F2.8-4.0と50-200mm F2.8-4.0の噂をご紹介します。



■パナソニックLEICA 8-18mm F2.8-4.050-200mm F2.8-4.0の発売は2017年晩夏〜初秋


8-18mm F2.8-4.0と50-200mm F2.8-4.0の噂は以下の通りです。

  • パナソニックの新しいライカレンズ2本が2017年に発売される
  • LEICA 8-18mm F2.8-4.0:2017年晩夏〜初秋
  • LEICA 50-200mm F2.8-4.0:2017年晩夏〜初秋
  • この2本の価格はどちらも1,500ドル(現在のレートで日本円換算約17万円)前後になるだろう
  • LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S.:国内発売は2017年02月23日

ライカ銘ということで、高級広角ズームレンズと望遠ズームレンズとなりそうです。間もなく発売されるLEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S.と合わせてパナソニック版大三元レンズといった感じでしょうか。

パナソニックには長らくLUMIX G VARIO 7-14mm / F4.0 ASPH.が広角ズームレンズの代表格としてありましたが、新たにライカレンズがその座にとって変わるのかもしれません。

 

参考:4/3 RUMORS
画像:Amazon

Reported by 山﨑将方