キヤノンからPowerShot G9 X Mark IIなどコンパクトデジタルカメラ4機種が登場!

PowerShot G9 X Mark II

キヤノンからコンパクトデジタルカメラ、

  • PowerShot G9 X Mark II
  • PowerShot SX430 IS
  • IXY 210
  • IXY 200

以上4機種が正式発表されました。これらは高級コンパクト、高倍率ズーム、薄型コンパクトデジタルカメラとなります。

今回はこのキヤノン新コンパクトデジタルカメラの概要をご紹介します。



■高画質を追求し最新の画像処理エンジンを搭載したPowerShot G9 X Mark II


PowerShot G9 X Mark II

PowerShot G9 X Mark IIは、前モデルとなるPowerShot G9 Xとレンズスペックなどは同等であるもの、画像処理エンジンに最新のDIGIC 7を採用したことにより、従来機よりも約1段分の高感度画質の向上を果たしたとのこと。

合わせて手ぶれ補正の強化やレスポンスの向上が図られており、起動時間が1.1秒、撮影間隔が0.5秒と高速化されているとのことです。画像共有のための無線通信に関しては、Wi-Fiに加えて新たにBluetoothを初搭載している点が特徴です。

PowerShot G9 Xの本体重量が約209gだったのに対し、PowerShot G9 X Mark IIは206gと若干の軽量化が図られています。外形寸法は(横)98×(縦)57.9×(奥行)31.3mm。

 

■コンパクトなボディに光学45倍ズームを搭載したPowerShot SX430 IS


PowerShot SX430 IS

高倍率ズーム機であるPowerShot SX430 ISは、前モデルとなるPowerShot SX420 ISが光学42倍であったのに対し、光学45倍ズームへとさらにズーム比を伸ばしています。

液晶モニターは約23万ドットとかなり抑えられており、画像処理エンジンもPowerShot SX420 ISから引き続きDIGIC 4のままとなっています。

本体重量は約323g(CIPA準拠)、外形寸法は(幅)104.4×(縦)69.1×(奥行)85.1mm。

 

■スリムタイプのIXY 210/IXY 200はより使いやすく


IXY 210

スリムタイプのIXY 210とIXY200は、それぞれIXY 190とIXY 180の後継機となるコンパクトデジタルカメラで、背面十字キーの操作を無効にして誤操作を防ぐ安心オート機能が搭載されています。

初心者や年配の方は意図せずメニューを操作してしまって設定をおかしてしまいどこを操作すれば元に戻せるのかわからないというケースがあり、それに対応したものとなっています。

この「安心オート機能」は詳しい人や購入時に店員さんなどに十字キーを無効化してもらうことで、誤操作を防止する意味があります。

IXY 210は光学10倍ズーム、IXY 200は光学8倍ズームを搭載している点が違いとなります。

IXY 210の外形寸法は(幅)95.3×(縦)56.8×(奥行)23.6mm、本体重量は約137g。IXY 200は外形寸法が(幅)95.2×(縦)54.3×(奥行)22.1mmで本体重量は約126g。

 

参考:Canon
画像:Canon

Reported by 山﨑将方