ニコンD7200後継機はD7500として正常進化して登場する!?

Nikon logo

Nikon Rumorsによると、D7200の後継機となるAPS-C中級機の型番はD7500になるのではないかとのこと。D500と同じイメージセンサーを採用する為、数を揃えたのかもしれないとのことですが、なんだか釈然としないですね。

今回はD7200後継機となるD7500の型番に関する噂やスペック情報を再掲載しています。



■D7200後継機の型番はD7500に?


D7500の型番に関する情報は以下の通り
  • これまでD7200の後継機をD7300とお伝えしてきたが、D7500になるという情報を得た
  • これはおそらくD7200の後継機がD500と同じイメージセンサーを持つ為だ
  • 私はもうニコンの型番命名の法則を考えることをやめた
ニコンの型番枯渇とブランディング問題

D7200の次がD7500というのは確かにわけがわからないと感じるのも仕方ないように思います。

ニコンのナンバリングは、型番枯渇の問題と覚えにくいという問題を抱えており、特定のシリーズを買い続けるというユーザーは一定数いるため、型番が複雑になるほどシリーズのイメージが定着しにくくなるという問題があります。

キヤノンの「Mark ◯」という表記は昔は「ガンダムみたい」と揶揄されたことがありましたが、今となってはどの後継機であるのか一番理解しやすく、オリンパスやソニーも追随する傾向にあります。

「長年のライバルであるキヤノンの真似をするわけには…」ということなのかも知れませんが、シリーズ名が分かりづらいというのはブランディングの面でも不利である為、一度リセットしてでもナンバリングを検討する必要があるように思います。

 

■ニコンD7500のスペック情報


以前にも掲載した現時点でのD7500(当時はD7300と呼ばれていました)のスペック情報は以下の通り。

  • 撮像素子:D500と同じ2,000万画素イメージセンサー
  • ISO感度:ISO100-51,200
  • オートフォーカス:51ポイントオートフォーカス
  • 連続撮影速度:約8.0コマ/秒
  • 動画解像度:4K動画
  • 液晶モニター:チルト可動式液晶モニター
  • SnapBridge:搭載

スペック的にはD7500はD7200とD500の中間のスペックとなるようで、妥当な線であるように思います。チルト可動式液晶モニターを採用するということで、APS-C機に関してはほとんどが可動式液晶を採用していくようです。

オートフォーカスがD500と同じ次世代のマルチCAM 20Kオートフォーカスセンサーモジュールではなく、引き続き51点オートフォーカス(アドバンストマルチCAM 3500 II オートフォーカスセンサーモジュールなのか新型なのかは不明)が採用される点に関してはやや残念な部分かも知れません。

イメージセンサーはD500と同様のものが使われるようです。

 

■D500・D7500・D7200の性能比較


D500とD7500はどちらが買いなのか?

今回伝えられているD7500とAPS-Cフラッグシップ機、D500および現行機のD7200の機能を比較してみましょう。

機種名 D500 D7500(噂) D7200
画素数 2,088万画素 2,000万画素 2,416万画素
常用ISO感度 ISO100-51,200 ISO100-51,200 ISO100-25,600
AF測距点数 153点 51点 51点
連続撮影速度 約10コマ/秒 約8コマ/秒 約6コマ/秒
動画解像度 4K 4K FHD
液晶モニター チルト可動式 チルト可動式 固定式
SnapBridge 搭載 搭載 非搭載

秒間8コマでも十分な性能ですが、D500の価格もこなれてきている為、D500とD7500のどちらを選ぶべきかは悩ましいところですが、本当にD7500がこのスペックで登場すると仮定すると、どうせならD500の方がオススメのようにも思います。

 

参考:Nikon Rumors
画像:Nikon Rumors

Reported by 山﨑将方