ZEISS Batis 2.8/135が登場!ポートレート最強レンズとなるか?

Batis 2.8/135
画像:ZEISS(https://www.zeiss.co.jp/)

ツァイスがEマウントフルサイズ対応中望遠レンズ、Batis 2.8/135を正式発表したました。このBatis 2.8/135はオートフォーカスだけでなく手ブレ補正を搭載した単焦点中望遠レンズで、ツァイスとしてはまさに新世代と呼ぶに相応しいものになっています。



■ZEISS Batis 2.8/135の特徴


Batis 2.8/135の概要

Batis 2.8/135は変な表現ですが、「ツァイスが発売するツァイスレンズ」としては珍しい、オートフォーカスと手ブレ補正を搭載した中望遠レンズです。

Batis 2.8/135はアポゾナー設計による高い画質を実現した中望遠レンズとなっており、画質と使い勝手を両立した優れたポートレートレンズと言えるでしょう。

防塵防滴構造にユニークな有機ELディスプレイ

Batis 2.8/135はホコリや水滴が入り込みにくい防塵防滴気設計となっています。長い間使う高級レンズとしては重要なポイント言えるでしょう。

またレンズ上部にはBatisシリーズの定番となっている有機ELディスプレイが搭載されており、合焦距離や被写界深度の範囲を読み取ることが出来るようになっています。

Batis 2.8/135の仕様
パフォーマンス 焦点距離 135mm
絞り値 f/2.8 – f/22
カメラマウント Sony E-Mount
フォーマット互換性 Full Frame
撮影距離 0,87m(2.9 ft) – ∞
自由作動距離 0,74m(2.4 ft) – ∞
画角(対角線 水平線) 18° / 15° / 10°
Diameter of image field 43mm(1.69″)
最小被写体距離(MOD) 125×185mm(4.9 x 7.3″)
最短被写体距離での映像比 1:5.3
レンズ構成(枚 | 群) 14 / 11
フランジ焦点距離 18mm(0.71″)
入射瞳位置 (像面の手前)
特長 オートフォーカス +
手ブレ補正 +
物理仕様 フィルター径 M67 x 0.75
フォーカスリングの回転角 Focusing not mechanically coupled
最大直径 98mm(3.9″)
フォーカスリングの直径 81mm(3.2″)
全長(レンズキャップを含む) 133mm(5.2″)
全長(レンズキャップを含まない) 120mm(4.7″)
重量 614g(1.4 lbs)

 

参考:ZEISS
画像:ZEISS

Reported by 山崎將方