赤道儀の大定番となるか!?星撮りにはスカイメモTがおすすめ!

スカイメモT

ケンコー・トキナーからポータブル赤道儀、スカイメモTが発表されました。ご存知のように赤道儀は星を超秒露光した際などに点像で写し込むために使う機材です。

この新型ポータブル赤道儀、スカイメモTはスマートフォンアプリを使っての極軸合わせに対応し、極軸望遠鏡も付属していながら希望小売価格は税別39,000円という価格設定も大きな魅力で、「機能」「携帯性」「価格」全てが高次元でバランスしているスカイメモTは、赤道儀の新定番になること必至と言えるものになっています。

というわけで今回はこのケンコー・トキナーの新型ポータブル赤道儀、スカイメモTをご紹介します。



■スカイメモTの特徴


スカイメモT

スマートフォンと連携しての極軸合わせ

赤道儀は使用する際に北極星を導入して極軸合わせを行うわけですが、その際にスカイメモTは無料のスマートフォンアプリを使ってピンポイントで北極星の導入を行うことが可能です。

トラッキング(追尾)モードを選べる

スカイメモTには、

  • 恒星:通常の星野撮影などに使用
  • 太陽:太陽の撮影を行う場合に使用
  • 月:月を撮影する場合に使用
  • 0.5×:星と地上の景色を同時に映しこむ場合などに使用
  • 2×:使い方はあなた次第?

以上の5つものトラッキングモードを搭載しており、様々なシチュエーションで最適な追尾を行うことが可能です。

インターバルタイマー機能内蔵

別売りのカメラ接続ケーブルでカメラと接続することにより、一定間隔でシャッターを切り続け、追尾しながらのインターバル撮影を行うことが可能です。

タイムラプス機能内蔵

微速度撮影に対応した「タイムラプスモード」を搭載。

極軸望遠鏡付属

スカイメモTは正確な北極星の導入に必要な極軸望遠鏡が付属しています。これはとてもお得ですね!

単3アルカリ乾電池で約24時間もの駆動が可能

スカイメモTの電源は単3アルカリ乾電池(別売)を使用します。約24時間もの駆動が可能な上に、単3電池ですから、うっかり電池切れを起こした場合にも、お近くのコンビニエンスストアなどで簡単に入手することが可能です。

 

■スカイメモTの試用


製品名 スカイメモT
トラッキングモード 恒星/太陽/月/0.5×/2×
搭載可能重量 約3kg(パーツ・ウエイト等含む)
ウォームホイル 72枚(直径36mm)アルミ合金
ウォームギア 直径11mm 高力黄銅
モーター エンコーダー内蔵DC Servoモーター(赤経軸のみ)
極軸望遠鏡 日時設定ワンスター方式 歳差補正目盛付(2012-2032年)南天は「はちぶんぎ座」の4星を使用 実視界7度
使用電池(推奨) 単3形アルカリ乾電池2本(別売)
連続使用時間 約24時間(気温20度、恒星時駆動、アルカリ乾電池)
大きさ 76mm ×70mm ×103mm
重量 約650g
三脚取り付けネジ U3/8カメラメスネジ (U1/4変換アダプター付属)
ショートプレート SkyExplorer互換 U1/4カメラオスネジ
明視野照明装置 ON/OFFスイッチ 明るさ調節可能
カラーバリエーション
  • レッド(JAN:4961607465981)
  • ブラック(JAN:4961607465998)
  • シルバー(JAN:4961607466001)
希望小売価格 39,000円(税別)

 

画像:KenkoTokina

Reported by 山﨑将方