α9、α7 II、α7R II、α7S II、α6300、α6500の新ファームウェアが公開!

α9

ソニーが同社のミラーレスカメラ、α9α7 IIα7R IIα7S IIα6300α6500の新ファームウェアを公開しました。

今回はこのαシリーズファームアップデートのお話です。



■αシリーズファームアップデート


αシリーズファームアップデートの内容は以下の通り。

α9

  • 温度上昇警告の表示仕様を見直しました

α7 II

  • フォーカスエリア位置を移動する際の操作性向上
  • カスタムボタンに割り当てできる機能に「ライブビュー表示(設定効果反映 On/Off)」機能を追加
  • 「ファイル名設定」機能を追加
  • 外付けフラッシュ(HVL-F45RM)AF補助光対応
  • ワイヤレスフラッシュ撮影時のレリーズタイムラグ短縮
  • その他の動作安定性向上

α7R II

  • 「自動電源OFF温度」機能を追加
  • フォーカスエリア位置を移動する際の操作性向上
  • カスタムボタンに割り当てできる機能に「ライブビュー表示(設定効果反映 On/Off)」機能を追加
  • 「ファイル名設定」機能を追加
  • 外付けフラッシュ(HVL-F45RM)AF補助光対応
  • ワイヤレスフラッシュ撮影時のレリーズタイムラグ短縮
  • ライブビュー表示設定効果反映Off時の測距時の絞り動作の最適化
  • 長秒時NR設定がOFF時の画質の向上
  • その他の動作安定性向上

α7S II

  • 「自動電源OFF温度」機能を追加
  • フォーカスエリア位置を移動する際の操作性向上
  • カスタムボタンに割り当てできる機能に「ライブビュー表示(設定効果反映 On/Off)」機能を追加
  • 「ファイル名設定」機能を追加
  • 外付けフラッシュ(HVL-F45RM)AF補助光対応
  • ワイヤレスフラッシュ撮影時のレリーズタイムラグ短縮
  • ライブビュー表示設定効果反映Off時の測距時の絞り動作の最適化
  • 長秒時NR設定がOFF時の画質の向上
  • その他の動作安定性向上

α6300

  • 「自動電源OFF温度」機能を追加
  • 新規レンズ(SEL100400GM)対応
  • 動画用ガイドフレーム表示が16:9パネルにおいてアスペクトが正しくない症状の改善
  • その他の動作安定性向上

α6500

  • 新規レンズ(SEL100400GM)対応
  • 動画モード時における手ブレ補正安定性向上

α9に関しては温度上昇警告の表示の改善とのことで、これは「温度上昇警告が出るのが早すぎる」という意見があっためと思われますが、非常に素早い対応だと思います。

また、α7 IIα7R IIα7S IIに関しては操作性と動作精度の向上。α6300α6500に関しては、新超望遠ズームレンズである、FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSSへの対応や動作に関する安定性の向上などが目的とのこと。

ファームウェアアップデートで向上させる部分も多く、現行機に対してもそうしたアップデートをコンスタントに行ってくれるのは、ソニーユーザーにとって喜ばしいことでしょう。

 

画像:SONY

Reported by 山﨑将方