EOS 6D Mark IIがAFと連写性能を大幅アップして登場!競合機との比較も!

EOS 6D Mark II

軒下デジカメ情報局にEOS 6D後継となるEOS 6D Mark IIの基本スペックと製品外観画像が掲載されています。EOS 6D Mark IIはオートフォーカスに45点オールクロスタイプセンサーモジュールを搭載し、最高約6.5コマ/秒の高速連写を実現しているとのこと。

そこで今回はEOS 6D Mark IIの製品外観画像&基本スペックとEOS 6Dとの比較をご紹介します。



■EOS 6D Mark II基本スペックとEOS 6Dとの比較


EOS 6D Mark IIの基本スペック
  • 撮像素子:デュアルピクセルCMOS AF
  • 画素数:約2620万画素
  • オートフォーカス:45点クロスタイプセンサー
  • 連続撮影速度:約6.5コマ/秒
  • 最高ISO感度:ISO40,000(拡張ISO102,400)
  • 動画:フルHD
  • 動画手ぶれ補正:5軸電子手ぶれ補正
  • 背面液晶:タッチパネル対応3.0型バリアングル液晶モニター
  • Wi-Fi機能:搭載
  • Bluetooth:搭載
  • GPS:内蔵
  • 外形寸法:144.0(幅)× 110.5(高さ)× 74.8(奥行)mm
  • 質量:765g
EOS 6D Mark IIは何が進化したのか?

EOS 6D Mark IIとEOS 6D、加えてニコンのD750と基本性能を比較してみましょう。

機種名 EOS 6D Mark II EOS 6D D750
撮像素子 デュアルピクセル
CMOS
CMOS CMOS
画素数 約2620万画素 約2020万画素 約2432万画素
連写速度 約6.5コマ/秒 約4.5コマ/秒 約6.5コマ/秒
AF/クロス 45点/45点 11点/1点 51点/15点
最高ISO感度 ISO40,000 ISO25,600 ISO12,800
拡張ISO感度 ISO102,400 ISO102,400 ISO51,200
動画記録 1920×1080 1920×1080 1920×1080
手ぶれ補正 5軸電子式 レンズ側のみ レンズ側のみ
液晶タイプ バリアングル式 固定式 チルト式
液晶サイズ 3.0型 3.0型 3.0型
Wi-Fi機能 搭載 搭載 搭載
Bluetooth 搭載 非搭載 非搭載
GPS 搭載 搭載 非搭載

高さ
奥行
144.0mm
110.5mm
74.8mm
144.5mm
110.5mm
71.2mm
140.5mm
113.0mm
78mm
質量 約765g(CIPA) 約755g(CIPA) 約840g(CIPA)

 

■製品外観


正面

EOS 6D Mark II

EOS 6D Mark IIの製品画像を見てみると、基本的なデザインはEOS 6Dからキープコンセプトであるものの、若干グリップ側のシルエットが丸まっており、グリップ感も変わっているものと思われます。また、右下にはリモコン端子らしきものあり、側面にあったリモコン端子がフロントに移設されている模様です。

上面

EOS 6D Mark II

上面も一見すると大きな違いは感じられませんが、シャッターボタン周りの形状やシャッターボタン付近にボタンが増設されていることが伺え、グリップ感や操作性にきめ細かなブラッシュアップが行われていることが分かります。

右側面

EOS 6D Mark II

右側面を見ると、EOS 6Dでは側面にあったリモコン端子がボディフロント側に移設されているようです。

左側面

EOS 6D Mark II

EOS 6Dと比較すると、グリップの形状が前後共に変更されており、グリップ感に改良が加えられている様子が分かります。

背面

EOS 6D Mark II

EOS 6D Mark IIとEOS 6Dの背面を比較すると、ボタンやスイッチ類の形状と配置に変更が見受けられますが、何と言っても最大の変化はバアリアングル式の可動液晶モニターを採用していることでしょう。

 

■EOS 6D Mark II、再び大ヒットの予感。


期待に応えるキヤノンらしい正常進化

EOS 6D Mark IIとEOS 6Dを比較すると、デュアルピクセルCMOS AFを搭載した新型専用イメージセンサーや劇的にクラスアップされたオートフォーカスモジュール、約6.5コマ/秒と大きく連写性能を上げてきた点など、機能的なさまざまなパワーアップが見て取れます。

加えてバリアングル液晶モニターやBluetooth、グリップ形状やボタン配置など細やかな使い勝手に関するブラッシュアップも行われており、「いかにも売れそう」という予感をさせるモデルに仕上がっています。

 

参考:軒下デジカメ情報局
画像:軒下デジカメ情報局

Reported by 山﨑将方