SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2(Model A032)は標準ズームの新基準か!?

SP 24-70mm F:2.8 Di VC USD G2

タムロンがF2.8通しのフルサイズ対応大口径標準ズームレンズ「SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2(Model A032)」が発表されました。シャッタースピード約5段分もの高い手ぶれ補正効果を実現したこのレンズは、キヤノンEFマウントとニコンFマウント用が準備されているとのこと。

そこで今回はこのSP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2発表のニュースをご紹介します。



■SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2(Model A032)の概要


SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2の特徴
  • 新制御システム「デュアルMPU」を採用し、クラス最高の手ぶれ補正効果(約5段分)を実現
  • ナノテクノロジーコーティングである「eBANDコーティング」を採用し、高い逆光耐性を実現
  • 屋外での使用に便利な防汚コートと簡易防塵防滴構造を採用
  • レンズフードのロック機構を搭載することで高性能レンズに相応しい利便性を追求
  • 風景、ポートレート、報道など、様々な撮影シーンで活躍する大口径標準ズームレンズとなっています

SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2は最新の高画素カメラにも対応したクラストップレベルの高画質を狙って開発されたF2.8通しの大口径標準ズームレンズです。

レンズ構成は12群17枚で構成されており、

  • XR(Extra Refractive Index:高屈折ガラス)レンズ×2枚
  • LD(Low Dispersion:異常低分散)レンズ×3枚
  • GM(ガラスモールド非球面)レンズ×3枚
  • 複合非球面レンズ×1枚

などを採用、コンパクト化と諸収差を良好に補正しつつ、より透過率の高い硝材を採用する事で優れた色の再現性と描写性能を実現しているとのこと。

またクラストップレベルの高い補正効果を持つ手ぶれ補正機構を搭載、F2.8の大口径レンズでありながら5段分の手ぶれ補正によって暗所での手持ち撮影になどにも非常に頼りになるレンズとなっています。

SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2は画質・機能性ともにこれからの大口径標準ズームレンズのベンチマークとなるべく開発されたレンズと言えるでしょう。

SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2の仕様
モデル名 A032
焦点距離 24-70mm
明るさ F/2.8
レンズ構成 12群17枚
最大撮影倍率 1:5
フィルター径 Φ82mm
最大径 Φ88.4mm
長さ 111mm(キヤノン用)
108.5mm(ニコン用)
質量 905g(キヤノン用)
900g(ニコン用)
最小絞り F/22
手ぶれ補正効果 5段(CIPA準拠)
キヤノン用:EOS 5D Mark III使用時
ニコン用:D810使用時
標準付属品 花型フード、レンズキャップ、レンズポーチ
対応マウント キヤノン用/ニコン用

 

参考:TAMRON
画像:TAMRON

Reported by 山﨑将方