デジタル一眼シェア、レフ機はキヤノン、ミラーレスはオリンパス強し

EOS Kiss X8i ダブルズームキット

カメラシェアファンの皆さんこんにちは。

ITmediaの「デジタルカメラ総合販売ランキング」に、GFK Japan調べによる(全国の家電量販店のPOSデータから集計)2017年06月19日~06月25日までのデジタル一眼カメラ(一眼レフ・ミラーレスカメラ)販売シェアが掲載されています。

キヤノンのエントリー一眼レフ、EOS Kiss X8i ダブルズームキットとEOS Kiss X7 ダブルズームキットがランキング1位・2位になったとのこと。

今回は最新のデジタル一眼カメラ市場シェアランキングをご紹介します。



■デジタル一眼(一眼レフ・ミラーレス)販売シェアランキング


レンズ交換式カメラシェア(期間:2017年06月19日~06月25日)
順位 前回 変化 メーカー 機種名
1位 2位 キヤノン EOS Kiss X8i ダブルズームキット
2位 1位 キヤノン EOS Kiss X7 ダブルズームキット
3位 4位 オリンパス OM-D E-M10 Mark II EZ ダブルズームキット
4位 3位 ソニー α6000 ダブルズームキット
5位 6位 ニコン D5300 AF-P ダブルズームキット
6位 7位 パナソニック LUMIX DC-GF9W
7位 5位 オリンパス PEN E-PL8 EZダブルズームキット
8位 8位 ニコン D5600 ダブルズームキット
9位 11位 キヤノン EOS M10 ダブルズームキット
10位 10位 キヤノン EOS Kiss X9i ダブルズームキット

レンズ交換式カメラに関しては、EOS Kiss X8i ダブルズームキットとEOS Kiss X7 ダブルズームキットが1位・2位争いをしているのはいつものことですが、キヤノンの公式サイトではEOS Kiss X7は「在庫希少」という表示になっています。

そのため、これからはEOS Kiss X7 ダブルズームキットに変わって、10位にランクインしているEOS Kiss X9i ダブルズームキットや先日発表されたEOS Kiss X9 ダブルズームキットが上位に上がってきそうな予感がします。

また、ニコンもEOS Kissシリーズに押されてはいるものの、安定して2〜3機種をランクインさせており、老舗メーカーの貫禄を感じさせています。

ミラーレス機に関しては相変わらずオリンパスが強く、ミラーレスメーカーで唯一2機種をランクインさせ続けており、2017年上半期のミラーレスシェアに関しては2位以下に大きな差を付けての1位となっているようです。

またソニーのα6000 ダブルズームキットも安定して上位にランクインしています。

 

■コンパクトデジタルカメラ販売シェアランキング

コンパクトデジタルカメラシェア(期間:2017年06月19日~06月25日)
順位 前回 変化 メーカー 機種名
1位 1位 ソニー DSC-W810
2位 2位 ニコン COOLPIX A300
3位 4位 キヤノン IXY 650
4位 3位 ニコン COOLPIX A100
5位 7位 キヤノン PowerShot SX620 HS
6位 5位 キヤノン PowerShot SX720 HS
7位 6位 カシオ計算機 EX-ZS240
8位 11位 富士フイルム FINEPIX XP120
9位 8位 ソニー DSC-WX350
10位 9位 キヤノン IXY 200

コンパクトデジタルカメラに関しては、キヤノン・ニコン・ソニーが三つ巴といった印象です。

対して元気がないのがカシオで、今後カシオがコンパクトデジタルカメラ事業をどうしていくのか心配されるところです。

 

参考:ITmedia
画像:Amazon

Reported by 山﨑将方