ニコン「AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR」フルサイズ用望遠ズームレンズが登場!

Pocket

AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR
画像:Nikon(http://www.nikon.co.jp/news/2017/0711_nikkor_01.htm)

70-300mmファンの皆さんこんにちは。

ニコンからフルサイズ望遠ズームレンズ、AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VRが発表されました。

そこで今回はこのAF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR発表のニュースをご紹介します。



■AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR


AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VRの概要

AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VRは、70mm〜300mmまでの幅広い焦点距離をカバーする約4.3倍の望遠ズームレンズです。

フルサイズ用望遠レンズとして人気のあるレンジで、価格も大きさ・重さもほどほどという使いやすさも相まってよく売れるクラスでもあります。

新たにAF-P(ステッピングモーター)の仕様になり、オートフォーカスの高速化と静粛性を実現してます。

ただし、D2シリーズ、D1シリーズ、D200、D100、D90、D80、D70シリーズ、D60、D50、D40シリーズ、D5100、D5000、D3200、D3100、D3000、およびフィルム一眼レフカメラでは使用できませんのでご注意ください。

AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VRはシャッタースピード約4.5段分(CIPA準拠)の手ぶれ補正機構を搭載しており、加えて[SPORT]モードも搭載しており、スポーツ撮影など動きが激しい被写体でも、ファインダー像を安定させフレーミングを容易にしています。

また防塵防滴にも配慮されており、さまざまなアウトドア環境で安心して使える点もAF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VRの魅力といえるでしょう。

AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VRの特徴

AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VRの特徴は以下のようなものとなっています。

  • 高倍率の望遠撮影が楽しめる70-300mmの焦点距離
  • ステッピングモーターを採用したことによる高速かつ静かでスムーズなAF駆動
  • 動画撮影時などレンズの駆動音が気にならないAF駆動
  • シャッタースピード約4.5段分の手ぶれ補正機構
  • 防塵・防滴に配慮した設計
  • EDレンズの採用による高い光学性能
  • 最短撮影距離1.2m、最大撮影倍率0.25倍を実現
  • 安定した露出制御が可能な電磁絞り機構を採用
AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VRの仕様

AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VRの仕様は以下の通り。

焦点距離 70mm-300mm
最大絞り 焦点距離70mm時:f/4.5
焦点距離300mm時:f/5.6
レンズ構成 14群18枚(EDレンズ1枚)
画角 34°20′-8°10′(フルサイズデジタル一眼レフカメラ)
22°50′-5°20′(APS-Cデジタル一眼レフカメラ)
最短撮影距離 1.2m(ズーム全域)
最大撮影倍率 0.25倍
絞り羽根枚数 9枚(円形絞り)
絞り方式 電磁絞りによる自動絞り
寸法(大きさ) 約80.5mm(最大径)
約146.0mm(レンズマウントからレンズ先端まで)
質量(重さ) 約680g
付属品
  • 67mmスプリング式レンズキャップ LC-67
  • 裏ぶた LF-4
  • バヨネットフード HB-82
  • レンズケース CL-1022

 

参考:Nikon
画像:Nikon

Reported by 山崎將方



Pocket