ニコン「シフトオン」はスマートフォンによる眼精疲労を軽減する眼鏡レンズ!

Pocket

シフトオン
画像:Nikon(http://www.nikon-lenswear.jp/products/smartphone/shifton.htm)

眼鏡愛好家の皆さんこんにちは。

スマートフォン見る時間が多い現代人、通常の眼鏡を使用して近距離のスマートフォンを長時間見ていると眼精疲労になりやすいもの。そこで眼鏡用高級レンズでも有名なニコン・エシロールから、スマートフォン使用時に目の疲れを軽減する「スマート・ブースター」搭載の新レンズ、「シフトオン」がリリースされています。

そこで今回はニコン・エシロールのスマートフォン対応眼鏡レンズ「シフトオン」をご紹介します。



■シフトオンの魅力


シフトオン
画像:Nikon(http://www.nikon-lenswear.jp/products/smartphone/shifton.htm)
シフトオンの魅力

現代ではスマートフォンの長時間の使用に伴い、近距離を長時間見続けることからピント調整筋を酷使してしまうため、眼精疲労を起こしてしまうケースが増えています。

ニコンの眼鏡レンズ「シフトオン」は、目の負担を軽減し、スマートフォンを快適に使うことができます。

シフトオンはこんな人におすすめ
  • スマートフォンを長時間使う方に
  • スマートフォンの小さい文字を楽に見たい方に
  • スマートフォンの画面をクッキリ見たい方に
シフトオンの構造

シフトオンは、眼鏡中心から下方に向かって「スマート・ブースター」という設計が行われています。

これは眼鏡の下方に向かって度数を下げることで、目のピント調節筋(毛様体筋)の負担を軽減する構造になっています。

つまり、人間は遠くを見るときは眼鏡の上部を使い、近距離を見るときは眼鏡の下部を使うことが多いため、レンズ下方の度数を下げておくことで、近距離を見るときの目のピント調整の負担を軽減することが出来るというわけです。

スマートフォンやPCなどを長時間使う現代人は眼精疲労を起こしがち。眼精疲労にお悩みの眼鏡派の皆さんに、カメラでお馴染みのニコン・シフトオン、ご検討されてみてはいかがでしょうか?

 

参考:Nikon
画像:Nikon

Reported by 山崎將方



Pocket