ニコン「D850」開発発表!製品外観画像も登場!

Pocket

D850
画像:NIKON RUMORS(https://nikonrumors.com/2017/07/25/this-appears-to-be-the-first-partial-picture-of-the-nikon-d850-dslr-camera.aspx/)

D850ファンの皆さんこんにちは。

遂に100周年を迎えたニコンですが、合わせてプロフェッショナル・ハイアマチュア向けフルサイズデジタル一眼レフ、D810後継機となるD850の開発発表が行われました。

そこで今回はこのD850開発発表とNIKON RUMORSに掲載されている製品外観画像をご紹介します。



■デジタル一眼レフ「D850」開発発表


D850開発発表

株式会社ニコンは、ニコンFXフォーマット(フルサイズ)デジタル一眼レフカメラ「D850」の開発を進めていると発表しました。

「D810」は、高い鮮鋭感と豊かな階調性からユーザーから高い支持を得たモデルですが、開発を進めている「D850」では、「D810」の優れた性能をさらに進化させ高精細な描写と高速連続撮影の両立を実現しているとのこと。

特に、画質に妥協を許さず多くの機能を必要とする、風景、ファッション、ウエディング、広告用スポーツ写真など幅広い分野におけるプロフォトグラファーや、写真愛好家、映像などを使って作品をつくるマルチメディアクリエイターの表現領域を拡げるモデルとなっているとのこと。

D850製品外観

NIKON RUMORSに掲載されているD850の製品外観画像をご紹介します。

D850
画像:NIKON RUMORS(https://nikonrumors.com/2017/07/26/breaking-first-nikon-d850-press-photos-leaked.aspx/)
D850
画像:NIKON RUMORS(https://nikonrumors.com/2017/07/26/breaking-first-nikon-d850-press-photos-leaked.aspx/)

画像を見る限り、D850以上に精悍さを増したペンタ部分やチルト式稼働液晶モニターなどが見て取れます。

内蔵スピードライト非搭載の是非

NIKON RUMORSに掲載されている画像を見る限り、ペンタ部の構造から、D850には内蔵ストロボが非搭載であることが分かります。

D5やD500、また競合機となるキヤノンのEOS 5D Mark IVが内蔵ストロボを非搭載であることから、D850もD810までは搭載していた内蔵ストロボを 無くす流れとなったようです。

内蔵ストロボを直射させて使うことはほとんどないものの、内蔵ストロボは他のクリップオンストロボをコマンダー発光でコントロールしたり、モノブロックストロボなどをフォトセルでスレーブ発光させることに使えます。

そのため内蔵ストロボの存在は、シンクロコードやラジオスレーブユニットを忘れた、または撮影中にシンクロコードが断線したといった不測の事態の時の保険として心強いものですが、これも時代の流れでしょう。

詳細が発表されなかったのは残念だが発売は近そう

今回の発表はあくまでも開発発表ということで、やや拍子抜けな部分もありますが、通常ニコンはハイエンド機である一桁シリーズくらいしか開発発表を行わないため、それだけ気合の入ったモデルになるのではないかと期待して待ちたいと思います。

またペンタ部の画像が出ていることや、D5など開発発表を行ってから発売するモデルの開発発表→発売までの間隔を考えると、発売もそれほど遠くない気がします。

 

参考:Nikon
画像:NIKON RUMORS

Reported by 山崎將方



Pocket