ニコンD850の詳細スペック登場、倍率0.75倍光学ファインダーを搭載!

Pocket

D850
画像:NIKON RUMORS(https://nikonrumors.com/2017/08/11/translation-of-the-leaked-nikon-d850-slides.aspx/)

D850ファンの皆さんこんにちは。

NIKON RUMORSにニコンのD810後継となるD850のプレゼン用画像とされる画像のリークが掲載されています。

これによるとD850は有効画素数約4575万画素、連続撮影速度はボディ単体で約7.0コマ/秒、マルチパワーバッテリーパック MB-D18(EN-EL18a)使用で約9.0コマ/秒を実現、さらにオートフォーカスは153点、4K動画も搭載。

そしてニコンデジタル一眼レフ史上最大となる、約0.75倍という驚異的なファインダーを搭載しているとのこと。

そこで今回はこのニコンのフルサイズ一眼レフ、D850のスペック情報をご紹介します。



■D850のスペック情報


D850の基本仕様

このリークが事実だと仮定すると、D850の基本スペックは以下のようになっています。

型番 D850
有効画素数 約4575万画素
画像処理 EXPEED 5
記録メディア XQD/SD(ダブルカードスロット)
常用ISO感度 ISO64-25600
拡張ISO感度 Lo 1(ISO32相当)、Hi 2(ISO108400相当)
最高連続撮影速度 約9.0コマ/秒(MB-D18/EN-EL18a使用時)
連続撮影可能枚数 51枚(14bit非圧縮RAW設定時)
静音モード
  • 搭載(無音・無振動)
  • AF/AE固定で6.0コマ/秒
  • 約800万画素では30コマ/秒(DX、AF/AE固定)
オートフォーカス 153点(中央-4.0EV、その他-3.0EV対応)
AFカバーエリア D810比で約130%拡大されたAFカバーエリア
被写体深度合成
  • 最大合成枚数:300枚
  • ピント間隔調整:10段階
  • 連続撮影速度:約5.0コマ/秒
  • 他社ソフトウェアが必要
測光方式 180K画素RGBセンサーによるTTL開放測光
ファインダー倍率 約0.75倍(ニコンデジタル一眼レフ史上最大)
液晶モニター種別 チルト可動式タッチパネル対応TFT液晶
液晶モニター 3.2型/約236万ドット
動画記録 4K UHD
タイムラプス 8Kタイムラプス対応
タッチ操作 プレイバック/メニュー/タッチAF/タッチシャッター
ボタンイルミネーション 搭載
超高画素&高速連写!拡張最高感度はISO108400?

D850は有効画素数が約4575万画素という超高画素でありながらバッテリーグリップ使用で秒間約9.0コマという高速連写、さらにD5譲りの新世代オートフォーカスというまさに現在ニコンが持つデジタル一眼レフ技術の全てを注ぎ込んだと言っても良いスーパースペックとなっています。

D850感度
画像:NIKON RUMORS(https://nikonrumors.com/2017/08/11/translation-of-the-leaked-nikon-d850-slides.aspx/)

画像では拡張感度のHi 2がISO108400となっており、普通はISO25600の2段分であればISO102400でしょうから、ちょっと不思議な感じはします。とは言え、この超高画素でありながら常用ISO25600というのもまた驚きのスペックです。

デジタル一眼レフ史上最高のファインダーとなるか?

D850のファインダー倍率約0.75倍というのは、まさに光学ファインダーの集大成を見せようという意気込みを感じさせるものとなっており、非常に期待が高まる仕様と言えるでしょう。

D850ファインダー
画像:NIKON RUMORS(https://nikonrumors.com/2017/08/11/translation-of-the-leaked-nikon-d850-slides.aspx/)

これまでデジタル一眼レフ史上最高のファインダーと言われてきたのはソニーのα900でした。勿論ファインダーは視野率や倍率だけでその良し悪しを推し測ることは出来ませんが、D850のファインダー倍率はα900(約0.74倍)をも上回るものとなっています。

果たしてD850のファインダーはどれほどの物なのか?実物を見られる日を楽しみに待ちたいと思います。

 

参考:NIKON RUMORS
画像:NIKON RUMORS

Reported by 山崎將方



Pocket