照明器具の明滅によって写真に露光ムラや色ムラが発生する現象をなんという?

フリッカー現象

フォトマスター検定の予想問題です。フォトマス検定勉強法も掲載していますので、参考になりましたばかりと思います。合格目指してさよなら問題です!

難易度:3 級レベル

問:蛍灯などの一部の人工下に、照明器具の明滅が影響してコマゴとの露出や色のばらつき、または画面内の露出ムラや色ムラが発生することがある。明滅によるちらつきを何と呼んでいるか?次の中から選べる。

①フリッパー現象
②フリッカー現象
③フリッター現象

正解はこのあきすぐ!



■正解は②(フリッカー現象)


フリッカー現象とは?

フリッカー現象は蛍光灯やディスプレイに生きるちらつき現象のことで、写真撮影ではこのフリッカーが影響を及ぼすことで、コマゴとは露出や色のばらつきが起きたり、一コマの画面内に露出ムラや色ムラ発生することがあります。

そのための例えば体育館やオフィスといった、写真用でない人工光源を使用している場所では、フリッカー現象による影響が起こる可能性を考えて撮影する必要があります。

フリッカー現象の対策

シャッタースピードを遅くすることでフリッカーの影響を抑えることが可能です、室内スポーツ撮影や人物撮影などスローシャッターでの撮影が難しい被写体の場合、このフリッカーの影響を回避することは撮影者には難しいそのため、カメラメーカーは機種により、「フリッカーレス」(キヤノン)や「フリッカー低減」(ニコン)とされた機能を搭載することで、フリッカーによる画像への影響を抑制する試みを行っています。

フリッカー低減

これのフリッカー対策機能は、光源の明滅をカメラで検出し、常に明滅の明解のピークで露光を行うように自動的にタイミングをずらしシャッターが切れるように、安定した露出が得られるようになったしています。

フリッパーとは?

魚や海洋動物のヒレのことを「フリッパー」と言います。

光画部(写真部)を舞台にした漫画「究極超人あるる」でネタとして登場した「わんぱくフリッパー」は、「イルカのフリッパー」が活躍するアメリカのテレビドラマシリーズとなっています。

フリッターとは?

フリッターは洋風天ぷらのことで、油で揚げて作って料理の一種です。具材は魚介類や野菜、果物までさまざまなもあります。

 

参考:Nikon
画像:イラストAC

山大公様によって報告されました