ヤシカ「digi Film Camera Y35」発表。デジタルフィルムが復活!

digiFilm camera Y35

デジタルフィルムカメラファンの皆さんこんにちは。

たまにカメラマニアの間で「フィルムカメラをデジタルカメラとして使えるように、フィルム室にはまるパトローネ型のイメージセンサーが欲しい」という話題が出ますが、実はこれは過去にシリコンフィルム社から「EFS-1」という製品として実際に発売されていました。

今回KICKSTARTERでクラウドファンディングプロジェクトが始まったヤシカの「YASHICA digiFilm Camera Y35」は、クラシックカメラの傑作機であるヤシカエレクトロ35を模したボディに、APSのIX240フィルムカートリッジのようなデジタルフィルムシステムを組み合わせたデジタルカメラです。

そこで今回は、デジタルカメラ黎明期に登場した「EFS-1」と、SNS時代に登場した「YASHICA digiFilm Camera Y35」、二つの少し異なる発想のデジタルフィルムシステムをご紹介したいと思います。



■過去にもあったデジタルフィルム


15年以上前に存在していたデジタルフィルム「EFS-1」

デジタルフィルムEFS-1(Electronic Film System 1)は、SiliconFilm社の製品で、1998年のPMA(Photo Maketing Association)で発表され、2001年には699ドル(当時のレートで約81,000円)で実際に発売されました。

今回発表されたヤシカブランドのYASHICA digiFilm Camera Y35とEFS-1が異なるのは、EFS-1は専用のカメラではなく、「既存のフィルムカメラを利用して、本物のフィルムの代わりにフィルム形状の撮像素子とメモリーのカートリッジを載せ替えて使用する」という点にありました。

eFilm EFS-1

EFS-1は受光部に伸びるフィルム部分に撮像素子を、パトローネ部分にはバッテリとメモリが搭載されており24枚の撮影が可能でした。

eFilm EFS-1

さらに撮影枚数も液晶で表示され、フィルム確認用窓を通して裏蓋を開けなくても確認できるという当時では完成度の高いシステムでした。

eFilm EFS-1

しかしながら130万画素であったEFS-1は、当時コンパクトデジタルカメラの価格が急速に下落しており2万台から購入できたことなどから、大ヒットすることはありませんでした。

 

■時代を経て登場したdigiFilm Camera Y35


クラカメ+デジタルフィルム=digiFilm Camera Y35

YASHICA digiFilm Camera Y35はクラシックカメラの名機であるヤシカエレクトロ35を模した形状ボディに、APSのIX240フィルムカートリッジを模した形状のデジタルフィルムシステムを組み合わせた、クラシックデザインのデジタルカメラです。

EFS-1が本物のフィルムカメラをデジタル化するのに対し、YASHICA digiFilm Camera Y35は実際にフィルムのヤシカエレクトロ35を使うわけではなく、ヤシカエレクトロ35に似せた専用のカメラに、IX240カートリッジ(APSフィルム)風のデジタルフィルムを使用して撮影します。

それならデジタルカメラで良いのでは?

確かにYASHICA digiFilm Camera Y35は正確にはフィルムカメラをデジタル化するのではなく、あくまでもデジタルカメラにカートリッジシステムや巻き上げ機構を設けたもので、システムの根幹はフィルムカメラ+デジタルフィルムではなく、デジタルカメラであり、フィルムカメラとして使えるわけではありません。

YASHICA digiFilm Camera Y35の魅力はここにある

YASHICA digiFilm Camera Y35はフィルムカメラをデジタル化するというマニアックな層に向いているというより、インスタグラムなどに積極的に投稿する若い世代に対して、

  • クラカメのデザインを持ち歩くおしゃれさ
  • フィルムを入れ替えたり、ワンショットごとにシャッターを巻き上げたりするレトロな操作感
  • フィルムを変えることで、写りが変わる楽しさを提供する
  • レタッチなしで粒状感のあるフィルム風の画像を手軽に得られる
  • 難しい操作は排除し、気楽に使うことが出来る

YASHICA digiFilm Camera Y35の魅力は、アナログフィルムカメラならでの撮影感とデザインを楽しみながら、インスタグラムなどSNSに適した写真を難しい操作を覚えることなく気軽に撮影できる点でしょう。

YASHICA digiFilm Camera Y35の基本性能
  • 1 / 3.2インチCMOSイメージセンサー
  • 有効画素数140万画素
  • ビューファインダー内臓
  • レンズ絞り値F2.8
  • 焦点距離35mm(※おそらく35mm判換算)
  • 撮影距離1m-無限遠
  • シャッタースピード、1/1、1/30、1/60、1/250、1/500秒の5段階
  • 記録メディア:SDカード(Wi-Fiカード対応)
  • データ転送用のMicro USB端子を装備
  • 三脚穴を装備
  • 電源:単三乾電池×2本使用
  • digiFilmの入れ替えによって画像スタイルを変更
  • 外形寸法
    • ボディのみ(幅×高×奥行):100×64×28mm
    • レンズとスイッチ含める(幅×高×奥行):110×70×55mm
デジタルフィルムシステム

digiFilm camera Y35

High Speed(ISO1600)
  • ハイコントラストで粒状感のある写り
  • 暗所撮影や動体撮影に

digiFilm camera Y35

Black & White(ISO400)
  • モノクロでハイコントラストな粒状感のある写り
  • レトロ写真撮影スタイル

Ultra Fine(ISO200)
  • シャープな写り
  • 標準的なカラーバランス

120フォーマット(ISO200)
  • 6×6フォーマット
  • スクエアフォーマットの写真でインスタグラムに最適

 

参考:KICKSTARTER,PC Watch
画像:KICKSTARTER,PC Watch

Reported by 山﨑将方