シグマが16mm F1.4 DC DN | Contemporaryを発表!

16mm F1.4 DC DN | Contemporary

シグマがミラーレスカメラユーザー待望の大口径広角レンズ16mm F1.4 DC DN | Contemporaryの開発を発表しました。

今回はこの新超広角大口径レンズ開発のニュースをご紹介します。



■16mm F1.4 DC DN | Contemporaryの特徴


16mm F1.4 DC DN | Contemporary

16mm F1.4 DC DN | Contemporaryの概要

SIGMA 16mm F1.4 DC DN | ContemporaryはソニーEマウントのAPS-C用交換レンズとして初めて35mm判換算で24mm F1.4相当(マイクロフォーサーズ用は、35mm判換算で32mm F1.4相当)を実現。ミラーレスユーザー待望の大口径広角レンズです。

フルサイズ一眼レフカメラ用交換レンズに匹敵する贅沢なレンズ構成に、特殊レンズを多数採用。最新の光学設計技術を駆使しつつ、カメラ内収差補正機能にも完全対応。諸収差を抑え、絞り開放から高い解像度を実現します。

動画AFに適した光学設計とステッピングモーターを採用、ソニーEマウント用はソニーのファストハイブリッドAFにも対応。防塵防滴構造も備えています。

贅沢なレンズ構成による高解像と輪線ボケを抑制したボケ味に期待

レンズ構成は13群16枚。うち2枚を非球面レンズとし、画面全体で高精細な画質とともに、ボケ味に関しても従来シグマの非球面レンズ搭載レンズで指摘されることもあった渦巻き状の輪線ボケを抑制しているとのことで、点光源のボケ味などにも期待できるものとなっています。

SIGMA 16mm F1.4 DC DN | Contemporaryのフィルター径は67mm。最短撮影距離は25cm。絞りは9枚羽根(円形絞り)。

ソニーEマウント用の外形寸法は、72.2×92.3mm(最大径×長さ)、質量は405g。花形フードが付属しているとのこと。

 

参考:SIGMA
画像:SIGMA

Reported by 山﨑将方