最もカメラやレンズをラインナップしているメーカーはどこ?

EOSラインナップ

ラインナップファンの皆さんこんにちは。

果たして名だたるカメラメーカーの中で一番ラインナップの多いメーカーはどこでしょうか?

今回は各メーカーがカメラやレンズをどれだけラインアップしているかを調べてみました。



■対象製品


対象は現行品のデジタルカメラのみ

旧製品でも実際には店頭にある機種もありますが、今回は生産完了品を除く「国内の公式サイト上で現行品として掲載されている製品のみ」を対象に調べています。

TLM機は一眼レフとしてカウント、アクションカムは除外

便宜上ソニーのトランスルーセントミラー機は一眼レフとしてカウント、アクションカムやシネマカメラは対象外として、スチールカメラのみをカウントしています。

スマートフォンと組み合わせて使うボディ、コンバージョンレンズなどは対象外

その他にもレンズスタイルカメラのような、スマートフォンと連携させて使用する必要がある機種など、一部の特殊なモデルは対象外としています。

またレンズも、コンバージョンレンズやフィッシュアイコンバーターのような、単体で使用することが出来ないレンズはカウント対象外としています。

対象メーカーは主要7社

調べたのは以下の主要カメラメーカー7社となっています。

  • キヤノン
  • ニコン
  • ソニー
  • オリンパス
  • パナソニック
  • 富士フイルム
  • リコー(ペンタックス)

実はライカも非常に多数のカメラボディ・レンズを発売していますが、今回は国内メーカーを対象にしています。

 

■一眼レフカメラ


  1. キヤノン:15機種
  2. ニコン:12機種
  3. リコー:6機種
  4. ソニー:2機種(TLM機)
  5. オリンパス:0機種
  6. パナソニック:0機種
  7. 富士フイルム:0機種

一眼レフに関して最もラインナップ数が多かったのは、やはり最大シェアを誇るキヤノンでした。デジタル一眼レフだけで15機種をラインナップしているというのは驚きです。

2位にはニコンで、キヤノン同様二桁台数をラインナップしているあたり流石と言えるでしょう。

 

■ミラーレスカメラ


  1. ソニー:12機種
  2. オリンパス:7機種
  3. パナソニック:6機種
  4. 富士フイルム:6機種
  5. キヤノン:4機種
  6. ニコン:2機種
  7. リコー:1機種

ミラーレス機を最もラインナップしていたのはソニーでした。12機種というのはミラーレスとして唯一の2桁ラインナップで、ソニーの勢いを見せつけていると言えるでしょう。

2位は国内シェア1位を誇るオリンパスでした。

 

■コンパクトカメラ


  1. ソニー:16機種
  2. キヤノン:14機種
  3. ニコン:9機種
  4. パナソニック:7機種
  5. リコー:6機種
  6. オリンパス:3機種
  7. 富士フイルム:2機種

コンデジに関してはソニーが意外にも?16機種ものモデルをラインナップしており、コンパクトカメラも高付加価値機種を中心に力を入れていることが窺い知れます。

2位はキヤノンで、ここでもシェア1位メーカーの意地を見せつけています。

 

■一眼レフ用レンズ


  1. ニコン:86機種
  2. キヤノン:74機種
  3. リコー:44機種
  4. ソニー:32機種(Aマウント用)
  5. オリンパス:0機種
  6. パナソニック:0機種
  7. 富士フイルム:0機種

一眼レフ用レンズラインナップに関しては、ニコンが86機種と物凄い数をラインナップしており、Fマウントの貫禄を見せつけています。

2位は予想通りキヤノンEFマウントで、こちらも74機種という驚異的なラインナップ数を誇っています。

 

■ミラーレス用レンズ


  1. ソニー:40機種
  2. パナソニック:30機種
  3. 富士フイルム:30機種
  4. オリンパス:23機種
  5. ニコン:10機種
  6. リコー:8機種
  7. キヤノン:6機種

ミラーレス用レンズに関してはソニーが最多ラインナップを誇っており、長らく言われていたEマウントはレンズがないというのははすっかり過去のものとなっています。

2位は同数でパナソニックと富士フイルムとなっており、マイクロフォーサーズはミラーレスマウントとして最多レンズラインナップであり、Xマウントもこの速度でここまでラインナップしたことは驚かされるばかりです。

 

画像:Canon

Reported by 山﨑将方