「AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR」大口径超望遠ズームレンズが登場!

AF-S NIKKOR 200-400mm f/4G ED VR II

ニッコールレンズファンの皆さんこんにちは。

Nikon Rumorsによると、ニコンから間も無く新大口径超望遠ズームレンズAF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR?が発表される見込みとの事。

×1.4倍のテレコンバーター内蔵という事で、キヤノンのEF200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4×と競合するレンズとなるようです。

そこで今回はこのAF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VRの噂をご紹介します。



■AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VRの噂


AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VRの噂
  • 数ヶ月前、ニコンはテレコンバーター内蔵の新しいNikkor 200-400mm f / 4レンズを発表すると発表しました
  • その後この新しいレンズが実際に180-400mmの焦点距離であることを明らかにした
  • ニコンが間もなく、キヤノンのEF200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4×と競合する1.4倍テレコンバーター内蔵の、AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VRを発表することを確認した
  • 新しいバージョンはレンズ構成枚数が約30枚にも及ぶ、非常に洗練された光学式を持っている
  • 非常に高価なレンズとなる事が予想される

 

■AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VRはどんなレンズ?


AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VRの立ち位置

実際にはNikon Rumorsの記事には、「Nikkor AF-S 180-400mm f / 4 ED TC VR」と書かれていますが、恐らく電磁絞りが採用されるでしょうから、正式な型番は「AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR」になるのではないかという気がします。

キヤノンのテレコン内蔵大口径超望遠ズームレンズである、EF200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4×は、現在オリンピックなどの大規模なスポーツ撮影ではその高い使い勝手から、スポーツのプロカメラマンに最も使われているレンズと言われています。

今回発表されるであろうAF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VRはまさにこのレンズと競合する、ニコン版のプロスポーツカメラマン向け大口径超望遠ズームレンズとなりそうです。

AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VRは万能大口径超望遠ズームレンズとなるか?

またテレコン内蔵で約560mmの焦点距離にもなり、スポーツだけでなく、航空機の撮影やある程度の野鳥撮影まで対応する非常に使い勝手の良いレンズとなりそうです。

また広角側も180mmからカバーということで、焦点レンジもEF200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4×を上回るものとなりそうです。

 

参考:Nikon Rumors
画像:MY NIKON RUMORS

Reported by 山﨑将方