ニコン・キヤノン大口径超望遠ズームレンズ比較!

AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR

キヤノンの発表によると、リオ・オリンピックで最も使用されたレンズはキヤノンのEF200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4×とのことでした。

ニコンからEF200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4×の競合レンズとなるAF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VRが発表され大きな話題となっています。

そこで今回は、東京オリンピックのプロカメラマンの使用レンズの主役と見られる大口径超望遠ズームレンズ、ニコンのAF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VRとEF200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4×の2本ですが、今回はこの2本のスーパーレンズのスペックを比較してみたいと思います。



■AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR vs EF200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4×


性能比較
モデル AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR EF200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4×
焦点距離
  • 内蔵テレコンバーター非使用時:180-400mm
  • 内蔵テレコンバーター使用時:252-560mm
  • 内蔵エクステンダー非使用時:200-400mm
  • 内蔵エクステンダー使用時:280-560mm
最大絞り
  • 内蔵テレコンバーター非使用時:F4.0
  • 内蔵テレコンバーター使用時:F5.6
  • 内蔵エクステンダー非使用時:F4.0
  • 内蔵エクステンダー使用時:F5.6
最小絞り
  • 内蔵テレコンバーター非使用時:F32
  • 内蔵テレコンバーター使用時:F45
  • 内蔵エクステンダー非使用時:F32
  • 内蔵エクステンダー使用時:F45
レンズ構成
  • 19群27枚
  • 他保護ガラス1枚
  • 内蔵テレコンバーター5群8 枚
  • 20群25枚
  • 内蔵エクステンダー4群8枚
最短撮影距離 2.0m(ズーム全域) 2.0m
最大撮影倍率
  • 0.25倍
  • 0.15倍(400mm側)
  • 0.21倍(560mm側/内蔵エクステンダー使用時)
絞り羽根枚数 9枚(円形絞り) 9枚(円形絞り)
ドロップインフィルター 40.5mm 52mm
手ぶれ補正 4.0段(CIPA規格準拠) 4.0段(CIPA規格準拠)
外形寸法(最大径×長さ) 約128.0×362.5mm 約128.0×366.0mm
 質量 約3,500g 約3,620g
両者の比較

AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VRは後発だけに、スペックではEF200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4×を細かく上回っていると言えるでしょう。

また、EF200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4×の内蔵エクステンダーの切り替えレバーが左手側にあるのに対して、AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VRは内蔵テレコンバーター切り換えレバーが右手側にあるため、ズームリングから手を離すことなく、右手でグリップしたまま切り換えレバーを操作する素早い操作が可能になっています。

AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR

結局どちらも夢のスーパーレンズ

とは言え、いずれのレンズも「超望遠撮影・ズームによる画角の自由度・大口径・高画質」という、かつては実現不可能であるかに思えたような要素を1つのレンズで実現したスーパーレンズであり、東京オリンピックでもプロカメラマンに数多く使われることになるのでしょう。

 

参考:Nikon,Canon
画像:Nikon

Reported by 山﨑将方