フルサイズミラーレス、台数シェアでキヤノン、金額シェアでニコンが躍進

ミラーレス一眼の販売台数シェア推移

全国の家電量販店やECサイトのPOSデータから集計したBCNランキングによると、2018年7月までフルサイズミラーレス市場はソニーがほぼ100%に近いシェアを確保していましたが、キヤノンとニコンがEOS RZ7でこの市場に参入、わずか2機種で32.6%ものシェアを獲得し、対してソニーのシェアは67.0%まで後退したと伝えています。

そこで今回はこのフルサイズミラーレス市場の最近の動向についてご紹介します。



■台数ではキヤノン、金額ではニコンが伸びる


フルサイズミラーレス機種別シェア
順位 機種名 平均単価 シェア
1位 EOS R ボディ 226,000円 22.1%
2位 α7 III ボディ 218,000円 17.1%
3位 α7 III ズームレンズキット 237,000円 16.9%
4位 α7 II ズームレンズキット 137,000円 8.5%
5位 α7R III ボディ 310,000円 6.5%
6位 Z7 24-70+FTZキット 473,000円 5.0%
7位 α7 II ボディ 119,000円 4.2%
8位 α7R II ボディ 186,000円 4.0%
9位 α7 III ズームレンズキット 257,000円 2.3%
10位 α7 III ボディ 236,000円 2.1%
※2位と10位、3位と9位が同じモデルになっていますが、元のBCN+Rと同じ表記としています。

10月のフルサイズミラーレスの台数シェアは、以下のようになっています。

順位 メーカー名 シェア
7月 8月 9月 10月
1位 ソニー 99.5% 92.0% 79.1% 67.0%
2位 キヤノン 8.1% 22.1%
3位 ニコン 7.6% 12.3% 10.4%

台数のキヤノン、高単価のニコン

やはりキヤノンの販売力は恐るべき破壊力で、ソニーαシリーズの現行機が9機種に対し、EOS Rは1機種で22.1%というのは、発売間もない時期とは言え驚愕の販売力と言えるでしょう。

加えてEOS Rの発売日は10月25日であるため、このシェアは予約分と発売日から僅か7日間のみの数字という点も見逃せません。

今後値段がこなれ、レンズキットのラインナップなどが増えれば、EOS Rはさらに伸びるものと考えられます。

対してニコンのシェアは10.4%とキヤノンの約半分ですが、こちらもキヤノン同様に発売済みのモデルはZ7のみであり、またZ7は価格帯が30万円後半から40万円後半という非常に高価な機種であるため、金額ではEOS Rα7 IIIの2倍近くなっています。

また、Zシリーズの当面の販売シェアでの主力は価格帯の低いZ6でしょうから、キヤノン同様にニコンもさらにシェアを上げる可能性があります。

一転窮地に立たされたのはソニーで、僅か3カ月間でシェアを3割以上も落とすというのは、相当苦しい展開になったと言わざるを得ません。

BCN+Rでも、

“11月下旬にはニコンのフルサイズミラーレス一眼「Z6」の販売が控えている他、ボディのみの販売であるEOS Rがレンズをセットにして販売となる可能性を秘めている。

キヤノンとニコンが、さまざまな戦略を打ち出す要素がある以上、ソニーの販売シェアはさらに減少する可能性がある。”

と予想されています。

 

■伸びるフルサイズ市場、APS-Cは横ばい、フォーサーズ市場は減少


販売数量 販売金額
期間 2017/10 2018/10 2017/10 2018/10
APS-C 51.8% 59.2% 49.9% 48.9%
フォーサーズ 36.4% 28.6% 36.7% 22.2%
フルサイズ 2.9% 10.6% 8.2% 27.2%
その他 8.9% 1.6% 5.2% 1.7%

成長するフルサイズミラーレス市場、最も煽りを受けているのはフォーサーズ

ミラーレスカメラのセンサー別販売シェアを見てみると、APS-Cセンサー搭載機は台数シェアでは伸びているものの、販売額のシェアでは下げています。しかしそれほど顕著にフルサイズミラーレスの影響を受けているわけではないようです。

対してフルサイズミラーレスの影響を最も強く受けているのはフォーサーズセンサーで、これは実質的にオリンパスとパナソニックのマイクロフォーサーズマウントと考えて良いでしょう。

フォーサーズセンサー搭載機は、台数シェアで-7.8%、金額シェアで-14.5%と大幅に下げており、フルサイズミラーレスの影響をもろに受ける形となっています。

最も伸びているのはやはりフルサイズセンサー搭載機で、2017年から2018年の一年間で、販売台数では約3.7倍、販売金額で約3.3倍と急上昇しています。

パナソニックもフルサイズ市場への参入を表明しており、今後この流れは加速していくでしょう。

 

参考:BCN+R
画像:BCN+R

Reported by 山﨑将方