超高機能ダウンジャケット、水沢ダウンの特徴とモデルの違いを解説

マウンテニア

デサント水沢ダウンファンの皆さんこんにちは。

冬の風景撮影は寒さとの戦い。長時間の待機時間にも耐えられ、かつ動きやすい。そんなダウンジャケットをお探しの皆様におすすめしたい一つが、日本製ダウンジャケットのトップブランド、水沢ダウンです。

デサントの水沢ダウンは、その高い機能性と品質感からダウンジャケットマニアにも非常に人気のあるダウンジャケットです。また、水沢ダウンは、メンズモデルだけでなくレディースモデルでも美しいシルエットを実現しており、女性フォトグラファーにもおすすめのダウンジャケットとなっています。

そこで今回は、撮影にもオススメの超高機能ダウンジャケット、水沢ダウンの選び方をご紹介します。



■デサント水沢ダウンのモデル一覧


水沢ダウンのフラッグシップ「マウンテニア」

マウンテニア

非常に高機能かつ質感の高い水沢ダウンジャケットの中でも、最も優れた快適性と機能性を追求したハイエンドモデルが、このマウンテニアです。

熱接着ノンキルト加工とシームテープ加工により、針穴から雨や雪の水分の侵入を防ぎ、高い耐水性を実現、また、雨や雪など悪天候下での着用も考慮しフードに水や雪だまりを防ぐパラフードシステムを搭載しています。

フロントジッパー部分に採用されたデュアルジップベンチレーションは、2列のジッパーとその間に配置されたメッシュ生地によりジャケット外より空気を取り込み、衣服内にこもりやすい不快な熱や湿気を逃がすことが可能です。

ダウンジャケットは一般的なアウターよりも断熱性に優れ、高い保温力を持ちますが、その反面暖かい場所では蒸れやすいもの。しかしこのベンチレーションシステムによって、服内部の湿気や暖気を効果的に排出し、温度調整を容易にしています。

裏地にはデサントオリジナル保温素材HEAT NAVIを使用し、ダウンジャケットとしてはスリムなシルエットでありながら、高い保温性を実現しています。

首回りのデザインを他のモデルと比較して頂ければ分かるように、マウンテニアは水沢ダウンのシリーズの中でも一際こった作りとなっています。

マウンテニアは、ISPO2013(ドイツミュンへンで毎年行われる世界最大級のスポーツ展示会)において、パフォーマンスセグメント・マウンテンパフォーマンスカテゴリー・アワードを受賞しています。

【素材】

  • 表地
    • 本体:複合繊維(ポリエステル)100%
    • 内衿:アクリル70%/毛30%
  • 裏地:ポリエステル
  • 中わた
    • 本体:ダウン90%/フェザー10%
    • フード・脇身頃:ポリエステル100%

高機能なベーシックモデル「アンカー」

アンカー

水沢ダウンジャケットの初期モデルとして登場し、現在も続いているシリーズがこのアンカーです。

熱接着ノンキルト加工とシームテープ加工により、高い防水性能を誇るアンカーは雨や雪など高い耐候性を誇ります。

フロントジッパー部分に採用されたデュアルジップベンチレーションは、2列のジッパーの間に配置されたメッシュ生地により、ダウンジャケット内の熱気を効果的に排出し、ダウンジャケットにありがちな熱気の籠りを素早く解消することができます。

表地には4WAYストレッチ素材DERMIZAX® MICRO STRETCHを、裏地には光を熱へと変換することで積極的な保温性能を発揮するHEAT NAVIを採用したモデルです。

また、アンカーは水沢ダウンのシリーズでは比較的リーズナブルなモデルとなっています。

【素材】

  • 表地
    • 本体:合成繊維(ポリエステル)100%
    • 内衿:アクリル70%/毛30%
  • 裏地:ポリエステル
  • 中わた
    • 本体:ダウン90%/フェザー10%
    • フード・脇身頃:ポリエステル100%

軽量シンプルな「シャトル」

シャトル

シャトルは2014年ISPO(ドイツミュンへンで毎年行われる世界最大級のスポーツ展示会)、JAPAN GOOD DESIGN賞特別賞を受賞した水沢ダウンの中でも軽量のモデルです。

他のモデル同様に、シャトルも熱接着ノンキルト加工とシームテープ加工により、水分含浸を防ぎ高い耐水性を実現しています。

表地には4WAYストレッチ素材DERMIZAX® MICRO STRETCHを、裏地には光を熱へと変換し積極的な保温性能を発揮するHEAT NAVIを採用。

マウンテニアアンカーと比較すると、シャトルはデザイン的には一般的なフード付きダウンジャケットに似ていますが、十分に上質な作りとなっています。

フロントジッパー部分に採用されたデュアルジップベンチレーションは、2列のジッパーとその間に配置されたメッシュ生地によりジャケット外より空気を取り込み、衣服内にこもりやすい不快な熱や湿気を逃がすことが可能です。

フード部には着用時のフィット性を高めるBoaシステムを採用。

【素材】

  • 表地
    • 本体:複合繊維(ポリエステル)100%
    • 内衿:アクリル70%/毛30%
  • 裏地:ポリエステル
  • 中わた
    • 本体:ダウン90%/フェザー10%
    • フード・脇身頃:ポリエステル100%

表面を流れる水分の流れをコントロールする「ストーム」

ストーム

ストームは表地には4WAYストレッチ素材DERMIZAX® FLEXILE MATTE 4WAY STRETCHを採用したダウンジャケットです。

ストームは熱接着ノンキルト加工とシームテープ加工による高いウォータープルーフ性能に加え、雨天時、胸部分にデザインされたStreamLine Technologyを採用、水の流れをコントロールしポケット部分への水の流れを防ぐ作りとなっています。

またフード部分のStreamLine Technologyは水滴が落ちる方向をサイドに流すことで視界を確保しています。

他のモデル同様に、フロントジッパー部分に採用されたデュアルジップベンチレーションを採用し、2列のジッパー間に配置されたメッシュ生地によりジャケット外より空気を取り込み、衣服内にこもりやすい不快な熱や湿気を逃がすことが出来るようになっています。

さらにフード部分には雨などの悪天候下での着用も考慮して、フードに水が溜まりにくいパラフードシステムを搭載しているのも特徴です。

ストームは2015年ISPO(ドイツミュンへンで毎年行われる世界最大級のスポーツ展示会)の金賞を受賞しています。

【素材】

  • 表地
    • 本体:ナイロン79%/ポリウレタン21%
    • 内衿:アクリル70%/毛30%
  • 裏地:ポリエステル
  • 中わた
    • 本体:ダウン 90%/フェザー10%
    • 脇身頃・袖下:ポリエステル100%

長時間の待機時間でも暖かい「エレメント」

エレメント

エレメントは着丈の長いダウンコートで、スポーツのような素早い動きに適したモデルではありませんが、じっとした状態での待機時間の長い状況や、暖かな防寒具が欲しいという方に適したモデルです。

また他のモデル同様、熱接着ノンキルト加工とシームテープ加工を採用することで、法制部分からの水や冷気の侵入を防ぎ、高い防水性能を実現しています。

表地にはウール混紡糸を使用し、ウールの自然な素材感と耐水・透湿性を兼ね備えたLUMILET™ WOOL 2Lを新採用している点もエレメントの特徴となっています。

勿論フロントジッパー部分には衣服内の熱気を効果的に排出するためのデュアルジップベンチレーションを、加えてフード部には着用時のフィット性を高めるBoaシステムを採用しています。

【素材】

  • 表地
    • 本体:ポリエステル90%/毛10%
    • 内衿:アクリル70%/毛30%
  • 裏地:ポリエステル
  • 中わた
    • 本体:ダウン90%/フェザー10%
    • フード・脇身頃・袖下:ポリエステル100%

水沢ダウンで最高の防寒性能「ハーフコートマウンテニア」

ダウンハーフコートマウンテニア

水沢ダウンジャケットの中でも最も高い快適性と機能性を追求したハイスペックモデルであるマウンテニアのハーフコートタイプがこのハーフコートマウンテニアです。

表地にはウール混紡糸を使用したLUMILET™ WOOL 2Lを採用することで、、ウールの自然な素材感と高い耐水・透湿性を兼ね備えています。

マウンテニア同様、熱接着ノンキルト加工とシームテープ加工や、雨や雪など悪天候下での着用時にフードに水や雪だまりを防ぐためのパラフードシステムを搭載しています。

コート両サイドにはBoaクロージャーシステムを装備。コートと身体の空間を調整することで冷気の進入を抑制し、保温性を高めることが可能になっています。

ハーフコートマウンテニアは、水沢ダウンのモデルの中でも最も高い防寒性能を誇るモデルとなっています。

【素材】

  • 表地
    • 本体:ポリエステル90%/毛10%
    • 内衿:アクリル70%/毛30%
  • 裏地
    • 本体:ポリエステル
    • 切替:ポリエステル/ポリウレタン
  • 中わた
    • 本体:ダウン90%/フェザー10%
    • フード・脇身頃・袖下:ポリエステル100%

 

参考:DESCENTE
画像:DESCENTE STORE

Reported by 山﨑将方