去年一年間で一番売れたミラーレスカメラは?

ミラーレスファンの皆さんこんにちは。

昨年一年間で最も売れたミラーレスカメラは一体何だったのでしょうか?

今回は、BCNランキングに2018年1月1日-12月31日までの販売されたミラーレスカメラの台数シェアランキングが発表されていましたので、そちらをご紹介します。



■2018年一番売れたミラーレスは?


順位 メーカー 機種 シェア
1位 キヤノン EOS Kiss M 16.6%
2位 キヤノン EOS M100  9.8%
3位 ソニー α6000 9.5%
4位 オリンパス PEN E-PL8 6.3%
5位 オリンパス PEN E-PL9 5.9%
6位 オリンパス OM-D E-M10 Mark II 4.3%
7位 パナソニック LUMIX GF9 4.0%
8位 ソニー α7 III 3.3%
9位 ソニー α5100 3.1%
10位 オリンパス OM-D E-M10 Mark II 3.1%
その他 34.1%

ミラーレスでも強かったEOS Kissのブランド力

機種別シェア1位・2位はキヤノンとなっており、2018年一番売れたミレーラスはEOS Kiss M となりました。

また8位にはフルサイズ機であるα7 III をソニーがランクインさせている点も注目でしょう。

2019年にはパナソニックのLUMIX S1/S1Rの発表が確実で、キヤノン・ニコンもEOS RZ6Z7に続くフルサイズミラーレス機を送り込んでくる可能性が高く、今後のミラーレス市場にどのような影響を与えるのかも注目です。

 

参考:BCN
画像:Amazon

Reported by 山﨑将方